1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第609回「ダービーまで2日!仏でオルフェーヴル賞!シーマC2着ポエッツワード英G3快勝!週末は世界中G1」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2018年5月25日20時09分更新]

第609回「ダービーまで2日!仏でオルフェーヴル賞!シーマC2着ポエッツワード英G3快勝!週末は世界中G1」

昨晩、美浦に到着して、今朝は美浦トレセンで関東馬を取材。

ダービーが近づいてきましたね。

海外のレース結果を見ていると、昨日はフランスのロンシャン競馬場でオルフェーヴル賞が行われています。

3歳馬の条件戦、芝2400メートル。2歳女王ラッキーライラックは今年の凱旋門賞断念というのが発表されました。

ダービーには皐月賞馬エポカドーロが出走。

オルフェーヴル産駒がフランスで走るのを見たい気持ちはみなさんあると思います。

リヨンの競馬場で行われたリステッド競走の映像を見ていたら、3着馬の名前がナガノゴールド。りんごの品種名かな…。

英国のサンダウン競馬場では、G3のブリガディアジェラードSにドバイシーマC2着馬ポエッツワードが出走。

5頭立てで快勝しています。スタウト厩舎、鞍上はライアン・ムーア。

同じサンダウン競馬場のヘンリー2世S。2マイルのG3ではフランシス・ベリー騎乗のマジックサークルが6馬身差で勝利。

マクフィ産駒でセン馬の6歳馬。大きいところを狙えるでしょうか。

週末は世界中でG1があります。

アイルランドのカラ競馬場は土曜に愛2000ギニー、日曜に愛1000ギニーとタタソールズゴールドカップ。

愛2000ギニーは11頭立てで、ブックメーカーのオッズを見ると、英2000ギニー4着のフランケル産駒エラーカムが中心。

これにエイダン・オブライエン厩舎は仏2000ギニー5着、昨年デューハーストS覇者のユーエスネイヴィーフラッグが鞍上ライアン・ムーア、英2000ギニー6着のグスタフクリムトに息子のドナカ・オブライエンで挑みます。

日曜のタタソールズゴールドカップは5頭立て。英国から遠征するヴァリアン厩舎のデフォー対エイダン・オブライエン厩舎のクリフスオブモハー、ランカスターボンバーです。

愛1000ギニーは13頭が出走予定。英1000ギニー3着から反撃に出たいハッピリー(グレンイーグルスの妹)、チェヴァリーパークS以来のクレミー(チャーチルの妹)のバリードイル勢が中心。他にはサトノクラウンの近親のフランケル産駒もいます。

日曜のフランス、ロンシャン競馬場では3歳牝馬のサンタラリ賞、それからエイシンヒカリの勝った古馬のイスパーン賞。

サンタラリ賞は英1000ギニー2着のローレンスに日本出身の小林調教師が管理するトーセンギフトが挑みます。5頭立て。

というわけで、海外の競馬も楽しみですが、

日本ダービーに集中します!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ