1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第601回「仏はオルメド!テッパル!ハザプール!バリードイル公開取材!クラックスマンはコロネーションCへ」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2018年5月14日22時36分更新]

第601回「仏はオルメド!テッパル!ハザプール!バリードイル公開取材!クラックスマンはコロネーションCへ」

昨日、パリロンシャン競馬場で行われた仏2000ギニー(プールデッセデプーラン)はオルメド(牡3、J・ルジェ、父デクラレーションオブウォー)が制しました。鞍上はクリスチャン・デムーロ。

昨年のジャンリュックラガルデール賞は2着。前走G3フォンテンブロー賞2着でしたが、ここは見事な差し切りでした。2年前に強かったアルマンゾルの勝負服(馬主オーギュスタンノルマン)ですね。勝ちタイムは1分37秒72。

首差2着がジェームズ・ドイル騎乗のエイガマン。人気のウートンは4着。早め先頭だったライアン・ムーア騎乗のユーエスネイヴィーフラッグは5着でした。

仏1000ギニー(プールデッセデプーリッシュ)の方は、フランス生産馬で英国調教馬のテッパル(牝3、D・シムコック、父カマチョ)が勝っています。しぶとく抜け出してきました。鞍上はオリビエ・ペリエ。勝ちタイムは1分37秒97。

2着は吉田照哉氏が共有馬主になっているクーデブーテ。父ダビルシムはハットトリック産駒です。

アイルランドのレパーズタウン競馬場で行われた、デリンズタウンスタッド・ダービートライアルS(G3、芝2000メートル)はアガカーンの緑の勝負服、ハザプール(牡3、D・ウェルド、父シャマーダル)が勝っています。勝ちタイムは2分8秒58。鞍上はデクラン・マクドノー。

オブライエン厩舎は2着がデラノルーズベルト、3着がザペンタゴン、6着がネルソンでした。ハザプールは一昨年の英ダービー馬ハーザンドの近親。英ダービーに向かう予定でサクソンウォリアーとの対決が待っています。

今日は欧米メディアがエイダン・オブライエン厩舎のあるバリードイルを取材する日だったようです…。取材したいなあ、バリードイル。

レーシングポストによると、現時点で英ダービーは4頭出し。サクソンウォリアー、デラノルーズベルト、ザペンタゴン、キューガーデンズの予定とか。

そして、クラックスマンは27日の愛G1、タタソールズゴールドCではなく、エネイブルが出走予定で回避することになった、1日のコロネーションCへ向かうことになりそうです。

 

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ