1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第599回「ダービー馬の全弟レイエンダが復帰戦の夏木立賞快勝!準オープンで2分22秒台はちょっとショック」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
更新
随時

[2018年5月12日23時24分更新]

第599回「ダービー馬の全弟レイエンダが復帰戦の夏木立賞快勝!準オープンで2分22秒台はちょっとショック」

金曜夜は都内で知り合いの牧場関係者と調教師と食事。

スーパー海外通の方たちなので、ものすごい面白い話が聞けて、お酒がすすみました。

今朝は頭がボーッとして目覚めて、競馬を見ていたんですが、

先週の高速馬場、今週からのBコース替わり、晴天…、ある程度想像して、紙面でも書いてはいたんですが、

4Rの牝馬限定の未勝利戦、1800メートルが1分46秒7で「これは…」と穏やかな気持ちではいられなくなり、

その後、夏木立賞が先週のプリンシパルSを思わせる時計、

そして、緑風S、メインの京王杯SC。驚きです。◎ムーンクエイク、頑張ってくれました。配当安かったなあ…。

明日はヴィクトリアM。いい天気で、いい競馬が見たいです。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ