1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第565回「仏のファーブル厩舎タリスマニックはドバイWCへ、凱旋門賞2着クロスオブスターズはシーマCを視野」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2018年1月31日11時22分更新]

第565回「仏のファーブル厩舎タリスマニックはドバイWCへ、凱旋門賞2着クロスオブスターズはシーマCを視野」

28日、香港のシャティン競馬場で有力馬が出走しました。

スチュワーズカップ(G1、芝1600メートル、出走13頭)はモレイラ騎手騎乗のシーズンズブルームが快勝。勝ちタイムは1分34秒74。最内枠から中団のインを追走。直線は馬場の真ん中から伸びてきました。

センテナリースプリント(G1、芝1200メートル、8頭立て)は大外を伸びたドゥールーズ騎手騎乗のディービーピンが差し切り勝ち。勝ちタイムは1分9秒64。2着は1番人気のミスタースタニングとビートザクロックが同着。J・サイズ厩舎のワンツースリーでした。

それから、昨年のBCターフを制し、香港ヴァーズで2着だったゴドルフィンのタリスマニック(牡5、A・ファーブル)はドバイワールドカップに向かうようです。ゴドルフィンがホームページで発表しています。

ステップレースは3月6日のシャンティイのオールウェザー競走か、3月10日のメイダンの競走が候補に上がっています。同じくファーブル厩舎で昨年の凱旋門賞2着クロスオブスターズはシーマCが目標と。

ということは、シーマクラシック、もしかしたら、レイデオロ対アルアイン対クラックスマン対クロスオブスターズなんてカードになるかも…、楽しみです。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ