海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
更新
随時

[2017年10月17日18時26分更新]

第536回「先週豪で日本出身馬活躍!JC予備登録発表!週末は英チャンピオンズデー」

先週はオーストラリアでブレイブスマッシュ(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/news_article.zpl?topic_id=1&id=201710150000127&mode=gaisenmon&year=2017&month=10&day=15)とトーセンスターダム(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/news_article.zpl?topic_id=1&id=201710150000128&mode=gaisenmon&year=2017&month=10&day=15)が好走しました。

念願のG1馬となったトーセンスターダム。日本で最後に走った東京新聞杯で◎を打ったし、3歳時は菊花賞で◎打ったなあ。あのときは内が全然止まらない馬場で、外からよく追い込んだのですが…。

今朝はアドマイヤデウス故障の報が…。国内で検疫を行っているときに取材へ行って、トラックライダーや厩務員さんと一緒に飲んで、ご飯食べて、いっぱい競馬の話をしたんです。無事に競馬する姿を本当に見たかった。

そのデウスが出る予定だったコーフィールドカップ。今日枠順が決まっていますが、出走馬のなかには、今日発表されたジャパンCの予備登録馬の名前もあります。ウィックロウブレーヴ、ボナヴァル、ジョンスノーの3頭。他にも何度も見た名前がいるし、日本で走ったロックドゥカンブ産駒ヒーズアワロッキーの名前も。注目してみたいレースですね。

ジャパンCの予備登録馬では気になるのが、ドイツ馬、それからカナディアンインターナショナルを勝ったブラーズアリーです。

おそらくエイダン・オブライエン厩舎の参戦は可能性が低いです。来てくれたら最高だし、先週のデューハーストSでユーエスネイビーフラッグが勝って、今年のG1・24勝目。英チャンピオンズデーがあるし、BC開催があるし、他にもオーストラリアがあって…、ジャパンC参戦なら間違いなく世界記録の更新を期待されるレースになると思います。

ウインクスも調教師が現地メディアに完全に後ろ向きなコメントを出しているのでほぼ可能性ゼロ(当然ですが…)。マリンズ厩舎の馬やニュージーランドの馬は今後のメルボルンのスプリングカーニバルでどんな競馬をするかですね。

ブラーズアリーは先週日曜、15日に行われたカナディアンインターナショナルを逃げ切り。2着以下を10馬身以上ぶっちぎっていて、2着がオスカーノミネイテッド。自分が凱旋門賞で○を打ったアイダホが1番人気4着ですから。鞍上は今年の夏のワールドオールスタージョッキーズを優勝したダシルヴァ騎手。もう、来てくれたら、面白い競馬をしてくれそうです。

今週末は英チャンピオンズデー。フランケル産駒クラックスマンのG1初制覇なるか。エクセレブレーション産駒バーニーロイ、そして、凱旋門賞で3着にきたユリシーズはここも使うのか。バリードイルはどの馬で勝負にくるのか。

菊花賞取材で栗東に来ているのですが、週の半ばから日本で海外でワクワク。今週末は眠れません。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ