海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2017年9月17日17時19分更新]

第520回「凱旋門賞まであと2週!英セントレジャーは愛ダービー馬カプリが快勝!気になる出否は…」

昨晩、英国のドンカスター競馬場で行われた英セントレジャーは愛ダービー馬カプリが人気に応えました。ライアン・ムーア騎手は英セントレジャー初勝利。これで英国のクラシックをすべて勝ったことになります。

エイダン・オブライエン師(写真は4年前の英セントレジャー表彰式にて)

エイダン・オブライエ厩舎のペースメーカーが逃げ、好位追走から直線は余裕を持って追い出し。内から抜け出していたゴスデン厩舎のストラディヴァリウス、外から追い込んできたクリスタルオーシャンの猛追をしのぎました。エイダン・オブライエン師はこれで英セントレジャー5勝目。自分が初めてドンカスターへ見に行ったときは、オブライエン厩舎のリーディングライトが勝った年でした。

「Racing UK」で紹介されていたのは、愛ダービー馬で英セントレジャーを勝った馬が70年の3冠馬ニジンスキー以来の快挙であること、エイダン・オブライエン師は過去4頭の英セントレジャー覇者で3頭を凱旋門賞に出走させ、結果が芳しくないこと、それから英セントレジャー覇者で凱旋門賞を勝った馬が58年までさかのぼらなければならない、その馬バリーモスは57年の英セントレジャーを勝って、1年後に凱旋門賞を勝っていること。

これだけ見ると、カプリの凱旋門賞に勝機はなさそうですし、ブックメーカーのオッズも上位を脅かすところまではいってないのですが…、

常識を覆す天才トレーナー、エイダン・オブライエン。カプリの復活でバリードイル勢の層が少しだけ厚くなったのは間違いありません。エイダンは「2400メートルの馬」と認めており、本線は凱旋門賞なのでしょう。

同じ「Racing UK」の記事ではライアン・ムーアのコメントがあります。「今年の凱旋門賞は1頭だけ特別な牝馬がいるが、それをのぞけば、オープンな状態」、つまり、エネイブルは強いが、仮にエネイブルがいなければ、それ以外の馬はどの馬にもチャンスがある凱旋門賞だ、と。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ