海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2017年9月2日18時24分更新]

第514回「名牝ウインクスが19連勝!明日の夜はドイツでバーデン大賞!イキートス対独ダービー馬!」

ウインクス(牝6、C・ウォーラー、父ストリートクライ)が2日、シドニーのロイヤルランドウィック競馬場でG2チェルムスフォードS(芝1600メートル)に出走しました。前走は大出遅れだったんですが、この日は普通のスタート。中団を進み、直線入り口は4、5番手。逃げていたレッドエキサイトメントが粘り込みを図りましたが、きっちり差し切って19連勝となりました。勝ちタイムは1分34秒11。

このクリス・ウォーラー厩舎といえば、JRAの小崎騎手が今、遠征しているシドニーの常勝厩舎。小崎騎手、4日にはローズヒルガーデン競馬場でトライアルに騎乗予定のようです。応援してます! 一昨年にメルボルンCを取材に行ったフレミントン競馬場で会い、昨年は凱旋門賞のシャンティイ競馬場で。とにかく勉強熱心な若手騎手という印象を持っています。

昨年の凱旋門賞、落馬負傷で休養中だった小崎騎手が視察に来ていました

2日、同じオーストラリア、メルボルンのコーフィールド競馬場で行われたメンジーS(G1、芝1400メートル)に出走したトーセンスターダムは3着。こちらも頑張ってます。

今日は自分の予想が散々でした。明日はひとまず、夏競馬最終日。頑張りたいですね。というか、頑張ります。

明日(3日)の夜はドイツのバーデンバーデン競馬場でバーデン大賞があります。凱旋門賞のドイツにおけるステップであり、一度行ってみたいレース。あー、バーデンバーデン行ってみてーーーーー! 今年も航空券だけ調べて断念しました。

今年の出走予定馬は7頭。地元の古馬エースはこの馬。昨年のジャパンC7着で今年はドイツでG2を2戦連続2着、前走G1ダルマイヤ大賞を勝っているイキートス(牡5、グロッシェル、父アドラーフルック)です!

昨年のバイエルン大賞覇者でミナリク騎乗のグイニョール(牡5、父ケープクロス)。3歳はドイツダービー馬に注目でしょう。マーカス・クルーグ厩舎が3頭出しで今年の独ダービー馬ウインドストース(牡3、父シロッコ)、ウニオンレネンを勝っているコロマーノ(牡3、父カシーク)、スペンドザキャッシュ(セン6、父アドラーフルック)を送ります。

遠征馬はゴドルフィンのサイード・ビン・スルール厩舎が2頭。ベストソリューション(牡3、父コディアック)、そして、プライズマネー(セン4、父オーソライズド)です。プライズマネーは今年のドバイシーマクラシック4着馬。地元ドイツ勢5頭対遠征馬2頭。ここから凱旋門賞に挑戦する馬は出てくるのでしょうか。イキートスは凱旋門賞の予備登録を行っています。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ