海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2017年8月15日16時06分更新]

第508回「今夜は凱旋門賞へ絶対見逃せない!ドーヴィルでついにアルマンゾルが復帰!ブラムトも!」

J・ルジェ師(昨年の凱旋門賞週にて)

今日はフランスのドーヴィル競馬場で見逃せないレースがあります。ブックメーカーの凱旋門賞前売りで2番人気、3番人気に推されているフランスの馬が出走予定。アルマンゾルとブラムト、どちらもジャン・クロード・ルジェ厩舎の馬です。

5Rのゴントービロン賞(G3、芝2000メートル)に出走するのがアルマンゾル(牡4、父ウートンバセット)。昨年の仏ダービー馬で秋は愛チャンピオンS、英チャンピオンSを勝利。いずれも凱旋門賞馬ファウンドを破ってのものでした。4歳で現役を続けることになり、凱旋門賞制覇が目標に挙げられてからはずっと前売り1番人気に推されてきた馬です。

これが英チャンピオンS以来の復帰戦。春先には南仏のポーという場所にあるルジェ厩舎でウイルスの感染が広まるアクシデント。アルマンゾルは無事でした。その後、夏にイギリスのヨーク開催を目標にして、一戦してから英インターナショナルS参戦というプランが報じられていましたが、結局、ここで復帰となりました。

昨年は愛チャンピオンSですさまじい追い込みを決め、英チャンピオンSも完勝。ここのレースぶり次第ではエネイブルに譲っている凱旋門賞の主役の座を奪い返すことになるかもしれません。鞍上はクリストフ・スミヨン。相手は昨年の香港ヴァーズ7着ガルリンガリが実績的には中心でしょうか。6頭立てでちょっと、絶対に負けられない相手たちです。

6R、3歳馬のギョームドルナーノ賞(G2、芝2000メートル)には今年の仏2冠馬ブラムト(牡3、父ラジサマン)が登場します。鞍上はクリスチャン・デムーロでここまで7戦6勝2着1回。仏2000ギニー(プールデッセデプーラン)、仏ダービー(ジョッキークラブ賞)を勝っています。昨年のこのレースは同じ厩舎、同じ仏ダービー馬のアルマンゾルが勝っています。

こちらは8頭立てになりそうですが、注目は英国から遠征してくるエミネント(牡3、M・ミード、父フランケル)。英2000ギニー6着、英ダービー4着、古馬相手のエクリプスS5着。英国3歳馬のトップホースが、鞍上に今回はライアン・ムーアを乗せてきました。

他にはファーブル厩舎が4頭ラインアップ。フランケル産駒ラストキングダムがいて、母の父サンデーサイレンスの馬がいて…。ラフォンパリアス厩舎でペリエ騎乗の仏ダービー3着馬もいます。こちらも見逃せないレースです。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ