海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
随時

[2017年6月22日16時42分更新]

第497回「ロイヤルアスコット開幕!クイーンアンはリブチェスター、セントジェームスパレスはバーニーロイ」

ロイヤルアスコット開催が開幕しました。一昨年はスピルバーグ、昨年はエイシンヒカリ、エイシンエルヴィンが日本から参戦。今年はいないのが、ちょっと残念です。

初日の最初のレースが古馬のマイルG1、クイーンアンS(G1、芝直線1600メートル)。3月のヴィブロスが勝ったドバイターフで3着だったリブチェスターが前走ロッキンジSに続くG1連勝です。鞍上はウィリアム・ビュイック。

3歳のマイルG1、セントジェームズパレスSは波乱の結果。人気を集めていた英愛2000ギニー覇者チャーチルは4着。勝ったのはエクセレブレーション産駒のバーニーロイでした。フランケルに負けまくったエクセレブレーション。種牡馬としてはフランケルより先に英国でG1を勝ったことになります。

昨年のアメリカ旋風、今年も。キングズスタンドS(G1、芝直線1000メートル)は昨年2歳の重賞で圧倒的な走りを見せたレディオーレリアが圧勝。この馬、メチャクチャ強いし、アスコットでの走りは異常です。

2日目はプリンスオブウェールズS(G1、芝2000メートル)。勝ったのはハイランドリール。直線の粘りがすごい。最後は突き放しての圧勝。前走コロネーションCに続くG1連勝です。ドバイシーマクラシックで復活の勝利を挙げた愛ダービー馬ジャックホブスはまさかの最下位8着でした。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ