海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
更新
随時

[2017年5月6日12時30分更新]

第491回「今夜は英2000ギニー、明日早朝はケンタッキーダービー!明日はNHKマイルC&香港G1」

平らに整備された日本とはまったく違うニューマーケットのローリーマイルコース

予想がサッパリなので、取材、予想に集中すべきだと思い、当欄の更新をさぼってました。

その間、いろいろなことがありました。

24日、戸崎騎手の今夏、シャーガーカップ出場が発表。26日、エプソム競馬場のダービートライアルでフランケル産駒クラックスマンガデビュー2連勝で重賞制覇。ゴスデン厩舎、フランキー・デットーリ、ゴールデンホーンの勝負服。28日のサンダウン競馬場ではクラシックトライアルが5頭立てでフランケル産駒3頭。勝ったのはクンコ。ディープインパクト産駒(母ケイアイガーベラ)は5着。

アイルランドではオーダーオブセントジョージが今年初戦を2着、昨年の欧州年度代表馬マインディングが4頭立てのムーアズブリッジS快勝で好発進。ドイツでは日本産のヴィクトワールピサ産駒(ハクサンムーンの半弟)が重賞制覇。30日の香港ではネオリアリズムがQE2でパキスタンスター、ワーザーを撃破。それから、エピカリスのベルモントS挑戦が発表に…。

さて、今夜(6日)は英国のニューマーケット競馬場、ローリーマイルコースで英2000ギニー(G1、芝直線1600メートル)が行われます。

10頭立てになりそうです。2歳チャンピオンでここへぶっつけのチャーチル(牡3、A・オブライエン、父ガリレオ)がどんな競馬を見せるのか。鞍上はライアン・ムーア。

エイダン・オブライエン師(昨年のBC週、サンタアニタ競馬場にて)

そして、グリーナムSで強い競馬を見せたバーニーロイ(牡3、R・ハノン、父エクセレブレーション)。フランケル産駒はデビュー2連勝中のエミネント(牡3、M・ミード)、グリーナムS2着のドリームキャッスル(牡3、S・ビンスルール)が父子制覇を狙います。

子どもが英国のクラシックに登場です(ラストランを制し、パレードリングで多くのファンに見送られる怪物フランケル)

フランスからは3戦無敗、ファーブル厩舎のAl Wukair(牡3、父ドリームアヘッド)。アルシャカブレーシングの勝負服で鞍上はグレゴリー・ブノワ(※今週、美浦トレセンで先日までファーブル厩舎で研修していた田中博康技術調教師とこの馬の話をしました)。チャーチルのオブライエン厩舎は前走UAEダービー4着ランカスターボンバーともう1頭の3頭出しです。

バリードイルが勝つのか、フランケル対エクセレブレーション対ドリームアヘッドの同世代親父対決、フランスからの刺客…、見どころは多いです。

英2000ギニーの前に行われるジョッキークラブS(G2、芝2400メートル)があります。ここは5頭が出走予定。距離的に秋の凱旋門賞やBCターフ、香港ヴァーズ、メルボルンCなど、日本馬が遠征するかもしれないレースのライバルになるかもしれない馬たちをチェックしておきたい。

オブライエン厩舎のセブンスヘブン(昨年のBC週にて)

人気になっているのはアイルランドのセブンスヘヴン(牝4、A・オブライエン、父ガリレオ)。昨年の愛オークス、ヨークシャーオークス覇者で今年初戦のドバイシーマクラシックでは2着でした。今回の鞍上はライアン・ムーアです。

それから、昨年の香港ヴァーズ3着で母プライドのフランス調教馬ワンフットインヘヴン(牡5、A・ロワイエデュプレ、父ファストネットロック)。今年初戦、シャンティイのG2は7着に敗れています。この実績馬2頭に対し、今年に入って、ハンデキャップ戦を連勝中のガラピアット(牡4、M・ジョンストン、父ガリレオ)が挑みます。

英国のクラシック初戦から数時間後、アメリカでは米3冠初戦のケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル、チャーチルダウンズ)です。

簡単にまとめると、前哨戦はこんな感じ(http://guw.nikkansports.com/?p=3414&type=free)。

昨年のBCジュベナイルのゴール前。内のクラシックエンパイアが勝利

レース映像を見ていて、やっぱり目立つのは、フロリダダービーを勝ったオールウェイズドリーミング(牡3、T・プレッチャー、父ボードマイスター)。それからUAEダービーでエピカリスを破ったサンダースノー(牡3、S・ビンスルール、父ヘルメット)の一発がないか。2歳王者クラシックエンパイア(牡3、M・キャシー、父パイオニアオブザナイル)も楽しみだし、20頭立てで多士済々。

エピカリスが3冠最終戦のベルモントSを狙いに行くということなので、このケンタッキーダービーは絶対に目が離せません。奥野さんの超攻撃的予想http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/column_article.zpl?topic_id=10072)をしっかり読んで、自分なりに予想もしておきたいなあ。

当てたいです!(写真は海外の競馬場で撮らせてもらったお姉さん)

英2000ギニー◎バーニーロイ、ケンタッキーダービー◎オールウェイズドリーミング!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ