海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
更新
随時

[2017年4月23日22時20分更新]

第490回「フランスの無敗牝馬ラクレソニエール引退!英のグリーナムSは注目のフランケル産駒が敗北」

23日、レーシングポスト電子版ラクレソニール(牝4、J・ルジェ、父ルアーブル)の引退を伝えています。昨年の凱旋門賞週、フランスで取材していて、地元のホースマンたちはみな「ラクレソニールが出ないなら、どの馬にもチャンスがある」と口をそろえていました。無敗のまま、引退。残念です

ラクレソニエールを管理するJ・ルジェ師(昨年の凱旋門賞週にて)

22日、英国のニューベリー競馬場ではグリーナムS(G3、芝1400メートル)が行われました。怪物フランケルが現役時代、英2000ギニーへのステップにしたレース。今年はその初年度産駒、ゴドルフィンのドリームキャッスルという馬に注目が集まったのですが、勝ったのは、同じゴドルフィンのバーニーロイという馬。

面白いのが、この馬の父がエクセレブレーションだということ。フランケルが勝ったグリーナムS2着など、フランケルに負け続けた同世代の名マイラーでした。その産駒がリベンジ。すごい因縁です。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ