海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
更新
随時

[2017年4月21日22時26分更新]

第489回「大種牡馬ケープクロス死亡!無敗のフランケル産駒エミネントが英2000ギニー有力候補に」

ケープクロス(牡、父グリーンデザート)の死亡を21日、ダーレーが発表しました。23歳でした。

シーザスターズ!(写真は13年9月、ギルタウンスタッドにて)

英ダービーと凱旋門賞を制したシーザスターズゴールデンホーンを出し、名牝ウィジャボード(英ダービー馬オーストラリアの母)を出し、日本でも母の父としてロジユニヴァースを送っています。後継種牡馬ベーカバドが日本で種牡馬として活躍しています。

父はグリーンデザート、その父はダンチヒという快速血統。現役時代はマイラーとして活躍し、日本のタイキシャトルが勝った98年ジャックルマロワ賞では3着。現役時以上に種牡馬として、歴史に名を残しました。

英国ではギニー(日本の桜花賞、皐月賞にあたる)に向け、活発に前哨戦が行われています。

20日は同じニューマーケット競馬場のローリーマイルコース、直線芝1600メートルのクレイヴンS(G3)が行われ、ここをフランケル産駒エミネントが制しています。昨秋に続き、デビュー2連勝で重賞初制覇。レーシングポストトロフィーの勝ち馬リベトを下す、価値ある内容でした。

土曜(22日)にはフランケル自身が英2000ギニーのステップにしたグリーナムS(G3、芝1400メートル、ニューベリー)が行われます。ここにも1戦1勝のフランケル産駒ドリームキャッスルが登場。ゴドルフィンの送り出すフランケル産駒。その走りに注目です。

エリザベス女王(12年英チャンピオンズデーのアスコット競馬場にて)

今日21日はエリザベス女王の誕生日。91歳。地下鉄の車両内のモニターで流れたニュースを見た、自分の前にいたご婦人方は「すごいねー、91歳だって」と感嘆の声。競馬がエリザベス女王の若さの秘訣であることは間違いないでしょう。

明日は東京競馬場で取材。ぜひ、日刊スポーツを手に競馬を楽しんでください!どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ