海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
更新
随時

[2017年4月2日21時01分更新]

第484回「TJスミスSはチャタークア劇的3連覇!ドンカスターマイルの結果!大阪杯はうーん…、無念」

ドバイワールドカップデーからあっという間の1週間でした。ちょっと抜け殻のようになりながら、今週は美浦トレセンで取材。土曜は中山競馬場で取材でした。

天下統一の思いを乗せて…。

先々週、先週に続き、栗田先輩山田先輩と一緒に仕事。戦国時代を味わってきた山田ザムライの後ろにはキラリと光るアレが…。

土曜の中山、ダービー卿CTは◎ロイカバードを狙ったのですが、後方待機勢には厳しい展開になってしまいました。芝は完全に外差し馬場。その意識が出てしまったのがメインレースで、結果は前残りでしたね。

シドニーのロイヤルランドウィック競馬場では1日が「ザチャンピオンシップス」の初日。

結果をチェックしたんですけど、しびれますね、TJスミス(G1、芝1200メートル、出走15頭)。

着順を知って、それからレース映像を見たんですけど、これはしびれる→(http://racing.racingnsw.com.au/FreeFields/Results.aspx?Key=2017Apr01,NSW,Royal%20Randwick

チャタークアが劇的な3連覇。昨年のチェアマンズスプリントを勝ってから、らしさがなくなっていたんですが…。前走のジョージライダーSもウインクスに完敗していたし…。

このレースも直線を向いたときには完全に圏外。ところが…、おいおい…、あーーーーっ…、という結果です。馬場状態は「ヘビー8」で勝ちタイムは1分12秒44。鞍上はトミー・ベリー。今後はどこを目標にしていくんでしょうか。

ドンカスターマイル(G1、芝1600メートル、20頭立て)はゴドルフィンのイッツサムワット(セン6、父ダイナフォーマー)が制しています。鞍上はザック・パートンで勝ちタイムは1分39秒17。

今日の大阪杯。G1昇格で、昨年の年度代表馬が出てきて、ダービー馬が出てきて、盛り上がったのかなあ、阪神。絶対に当てたかったんですが、▲キタサンブラックの強さだけが目立ったレース。◎アンビシャスは最後方からの末脚勝負で届かず。うーん、悔しい。

来週は桜花賞、再来週は皐月賞。死ぬ気で頑張ります!

 

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ