海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2017年3月19日17時58分更新]

第479回「ジム(柏山自夢記者)のやつ、すげーな。これはすごい。驚いた、降参だよ@放浪記・栗田記者」

今日は中山競馬場で取材。JRA3日間開催の真ん中。中山は今日、明日の2日間で、今日はスプリングSが行われました。

スプリングSのレース後、中山競馬場の検量室前で柏山記者の予想コラムにうなる栗田記者

狙った◎オールザゴーは「楽にハナヘいけるのでは」という予想でしたが、自分が甘かったです。厳しいトライアル。平均ペースで流れて、早め先頭からアッサリ沈んでしまいました。大反省。

勝ったのは松岡騎手騎乗の△ウインブライト。「奥手で良くなるのはまだまだ先かな」なんて話をしたのが年明けごろだったでしょうか。軽視してごめんなさい。

畠山吉厩舎の馬を日頃狙っている栗田記者は「ここだったか…」とレース後は放心状態。栗田さんが狙ったのはおなじく大好きな小島茂厩舎の馬(※もちろん、馬券は頭勝負で)。素晴らしいワンツー決着でしたが…。

「それにしても…」と栗田先輩が絶賛するのが後輩の柏山自夢記者の予想。

日刊スポーツ競馬面の「ベスト3」というコーナー。今日の紙面では中山芝1800メートルの回収率がトップの柏山記者がスプリングSの予想を披露しているのですが、栗田記者は書き出しでうなったそうです。

「今週一番の勝負と意気込んでいたレースで「ベスト3」指名を受けた。期待度MAXです」という書き出しだった柏山記者の予想コラム。「見事だ」と栗田記者はレース後、何度も何度もこぼしていました。

栗田記者と山田記者(右)。こちらは先週日曜の中山競馬場プレスルームです

こちらは今日です。明日のフラワーC頑張りましょう!

明日は3日間開催最終日。自分も頑張らないと…。阪神大賞典◎シュヴァルグランはものすごく自信があったんですが、こちらも自分の予想が甘かった。反省、反省です。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ