1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第461回「UAE2000ギニーは仏G1馬サンダースノーが圧勝!UAEダービー参戦なら日本馬の強敵に」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
更新
随時

[2017年2月12日21時42分更新]

第461回「UAE2000ギニーは仏G1馬サンダースノーが圧勝!UAEダービー参戦なら日本馬の強敵に」

11日にドバイのメイダン競馬場で行われたUAE2000ギニー(G3、ダート1600メートル、出走9頭)はゴドルフィンのサンダースノー(牡3、S・ビンスルール、父ヘルメット)が圧勝しました。鞍上はクリフトフ・スミヨンで勝ちタイムは1分38秒48。

クリストフ・スミヨン(一昨年のロイヤルアスコットにて)

ゴドルフィンの馬ですが、デビューは英国。昨年5月にレスター競馬場のメイドンでデビュー(1着)。ロイヤルアスコットのG2コベントリーSで6着、グッドウッド競馬場のG2ヴィンテージS2着、ドンカスター競馬場のG2シャンパーニュS2着、ニューマーケット競馬場のG1デューハーストS4着、そこからフランス・サンクルーのG1クリテリウム・インターナショナルSを勝っています。

欧州の芝のトップホースが、今回が初ダートで圧勝。戦績は7戦3勝で今まで一度も同じ競馬場で走っていないのが面白いですね。ゴドルフィンのホームページの記事ではビンスルール師のコメントが載っていて、「今後の選択肢は複数ある」と。

一昨年のドバイにて。一番手前がS・ビンスルール師

3月25日のUAEダービーに直行するか、それとも3月4日のリステッド競走、アルバスタキヤに向かうか。いずれにせよ、順調ならUAEダービーに出てくることが濃厚。登録していて、参戦を予定している日本馬の前に立ちはだかる強敵が出現しました。

今日は京都記念◎ガリバルディが積極的な競馬から失速。共同通信杯◎タイセイスターリーは折り合いを欠き、最後は粘りきれずの4着。悔しい、散々な予想で今週末は終わってしまいました。さあ、気持ちを切り替えて、来週はフェブラリーS。頑張ります

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ