1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第454回「ホッコーブレーヴ引退…、自分を成長させてくれた馬でした!NARグランプリ取材とイナリワン」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
随時

[2017年2月3日19時10分更新]

第454回「ホッコーブレーヴ引退…、自分を成長させてくれた馬でした!NARグランプリ取材とイナリワン」

ホッコーブレーヴが引退しました。未勝利戦のときから注目していた馬が500万を勝って、1000万を勝って、準オープンを勝って、天皇賞・春で3着に…、海外遠征まで…。

ホッコーブレーヴと国原厩務員(昨年1月)

ホッコーブレーヴと国原厩務員(昨年1月)

マーベラスサンデー産駒、オーナーゆかりの血統、祖父の制した天皇賞・春への思いがあった松永康厩舎。天皇賞・春3着は本当に惜しかったし、その次の宝塚記念はすごく自信があったんですが、直線で前が開かない不運に泣きました。結局重賞を勝つことはできませんでしたが、トレセンで取材するようになって、この馬と出会えて本当に良かったと思います。

15年メルボルンC、フレミントン競馬場の装鞍所からパレードリングへ向かうホッコーブレーヴと小西助手

15年メルボルンC、フレミントン競馬場の装鞍所からパレードリングへ向かうホッコーブレーヴと小西助手

この馬と出会って、自信をつけさせてもらったし、ワクワクドキドキさせてもらいましたし、厩舎スタッフの方とも親しくさせてもらうようになりました。ブレーヴ、本当に疲れさまでした

15年メルボルンCに出走したホッコーブレーヴ

15年メルボルンCに出走したホッコーブレーヴ

月曜にJRA賞授賞式があり、木曜は地方競馬のNARグランプリ取材。

どちらにも受賞者として出席されていたのが武豊騎手。NARでは特別賞でしたが、特別表彰馬イナリワンの表彰でも壇上へ上がっていました。80年生まれの自分は小学校4年くらいから競馬を見始め、最初に覚えた馬名はイナリワンとか、スーパークリークとか、オサイチジョージとか、オグリキャップとか…。

NARグランプリの表彰式にて

NARグランプリの表彰式にて

武豊騎手は「最初に天皇賞・春を勝った馬でそこから4連覇が始まった。思い入れの強い1頭です」とイナリワンについて語っていました。89年は競馬を見ていなかったので、自分は語ることができませんが、ずっと競馬を見ているファンの方からすれば、とても懐かしい馬なのだと思います。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ