1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第413回「阪神JF&香港国際競走ウイーク①~今週は怪物フランケルについて語っていこうと思います!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
更新
随時

[2016年12月5日21時44分更新]

第413回「阪神JF&香港国際競走ウイーク①~今週は怪物フランケルについて語っていこうと思います!」

チャンピオンズCで直線を向いたときの興奮が忘れられず、今日はズッとガックリしてました。地上波のテレビ中継の実況は1000メートル通過を「65秒」って言ったんですよね。その瞬間、「えっ、うそっ、そんなに遅いの?」っていうクエスチョンマークも浮かんだんですが、クエスチョンに勝ったのが「えっ、うそっ、逃げ切りだよ、やったー」という気持ち…、完全なぬか喜びでした

あとで見たら、1000メートル通過は60秒5。普通に流れていて、先行している馬にはきついペースです。「くっそー」と昨日のレース後から何度思ったことか。悔しい、本当に悔しいです(※◎モンドクラッセで勝負していました)。このままじゃ絶対に終われない、秋G1。今週は2歳女王を決める阪神JFになります。とは言っても、朝日杯FSの方にも牝馬の登録があるので、もしかしたら、今週の阪神JFを勝って即2歳女王確定ということにはならないのが、今年の面白いところ

香港国際競走は日刊スポーツの誇る東の本紙高木記者西の太田記者が現地取材。毎朝、いろんな角度から注目のG1レース4競走を伝えます。ぜひ、紙面を楽しみにしてください

12年英チャンピオンSのゴール前。シリュスデゼーグルをフランケルが抜き去る。

12年英チャンピオンSのゴール前。シリュスデゼーグルをフランケルが抜き去る。

当欄では明日以降、今週の阪神JFソウルスターリングの父、怪物フランケルについて語っていこうと思います。これはちょいと自慢ですが、スポーツ新聞の競馬担当記者で引退レースの英チャンピオンSを生観戦したのはおそらく、自分だけ。あのときの空気、雰囲気も伝えられれば、と思います。ぜひ、当欄も日々読んでいただければ、今週末の阪神JF、すごく楽しくなると思いますので…。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ