海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年11月26日21時38分更新]

第405回「JCウイーク~裏・番記者⑤いよいよ明日はジャパンカップです!楽しみましょう!当てましょう!」

今日は東京競馬場で取材でした。朝から芝コースは良馬場発表。日曜も、もしかしたらレースをしている時間には降らないんじゃないか、という声が上がってました。もちろん、良馬場でも少し渋った馬場でも、各馬がベストのパフォーマンスを発揮できるのが一番。今朝の日刊スポーツに掲載した自分の狙う馬はどちらでも最高のパフォーマンス、1着を勝ち取ってくれると期待しています。

土曜の予想は散々でしたが、とにかく明日、ジャパンCをビシッと当てたい

午後3時、栗東を遅く出た組の関西馬到着取材をするために厩舎地区へ。ヒットザターゲットがやってきて、ダービー馬ワンアンドオンリーがやってきて。このノースヒルズ勢2頭はすごく体調が良さそうに見えました。リアルスティールは前走で◎を打ったときは誰もが半信半疑だったのに、今回は堂々の主役として東京へ。柿崎助手は天気、馬場について問われても泰然自若。「悪くなってもピッチで回転力のある走法だから大丈夫だと思っていました。どんな馬場でも力を出せると思います」。愛馬への信頼が伝わってきました。

その手綱さばきに注目です、リアルスティールに騎乗するライアン・ムーア(昨秋の美浦にて)

その手綱さばきに注目です、リアルスティールに騎乗するライアン・ムーア(昨秋の美浦にて)

ちらっと、遠くの国際厩舎の方を見ると、引き馬をしている2頭が見えます。2頭…、そう、ドイツから参戦してきたイキートスナイトフラワー。近くに行って、2頭の歩く姿をしばらく眺めました。国際厩舎エリアの奥に向かって歩いていたイキートスが急に物見をして、横っ跳びする瞬間がありました。そんなときも後ろを歩くナイトフラワーは驚くことなく、マイペースで歩いています。このナイトフラワー、本当に女王の風格があります

めっちゃブレててすみません。土曜夕方、東京競馬場の国際厩舎エリアで引き運動を行うドイツ馬2頭

めっちゃブレててすみません。土曜夕方、東京競馬場の国際厩舎エリアで引き運動を行うドイツ馬2頭

各馬を取材していき、最後に話してくれたのが、トーセンバジル久保助手。以前はダービー馬エイシンフラッシュを担当されていた方です。東京競馬場に着いてから、すぐに馬房へは入らず、しばらく引き運動。久保助手の馬を引く姿はとにかくカッコいい。「乗ってくれる騎手がみんなG1馬のような背中って言ってくれるんです。まだまだ良くなる馬。いつかG1を勝ってくれると期待しているんですが、それが明日になってくれれば最高ですね」。午後5時半、すでに日は暮れて、冷たい風が吹き抜けていたんですが、熱い言葉がたくさん聞けました。

明日はいよいよ、ジャパンC(G1、芝2400メートル、27日=東京)。紙面で「G1番記者」を連載していた松田直樹記者も結論が出たようです。明日は日刊スポーツを手に競馬を楽しんでください。どうぞよろしくお願いします。

で、さっき、友人が教えてくれたんですが、ジャパンCの前売りオッズ、自分の◎○▲の3連単が結構売れていて、おかしなことに◎▲○の3連単の方が配当がいい。もしかしたら、今朝の日刊スポーツの紙面を読んでくれて、自分の予想に乗ってくれた人が結構いたのかな…。超うれしい。

喜んでもらえるように、いい結果が出るように、出走する人馬を応援したいですし、自分もスーツの内ポケットに馬券を入れて、ドキドキワクワクしたいと思います! みなさん、グッドラック!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ