1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第396回「選出馬メラトニン辞退の報にガッカリです…、今年はチャンピオンズCに外国馬の参戦がゼロ」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
随時

[2016年11月16日21時40分更新]

第396回「選出馬メラトニン辞退の報にガッカリです…、今年はチャンピオンズCに外国馬の参戦がゼロ」

JRAは16日、チャンピオンズC(G1、ダート1800メートル、12月4日=中京)に予備登録があり、選出されていた外国馬2頭が出走を辞退することを発表しました(http://www.jra.go.jp/news/201611/111602.html)。

チャンピオンズCに選出されていたが、辞退が発表されたメラトニン(先日、BCクラシックの馬場入場にて)

チャンピオンズCに選出されていたが、辞退が発表されたメラトニン(先日、BCクラシックの馬場入場にて)

うーん、ガッカリ。一昨年はインペラティヴが15着、昨年は香港のガンピットが16着。JCダートだった3年前はパンツオンファイアが16着。その前は09年ティズウェイが12着。近年はことごとく惨敗を喫している外国馬の挑戦ですが、ファンの目線で言えば、やっぱり日本のダート馬と外国の強豪がぶつかるレースを見たいという気持ちは大きい

海外駐在のJRA職員は外国馬を招待しようと努力していると思っていますが、ファンがもっと楽しめるように、面白い番組作り、メンバー集めをJRAには期待したいところです。ジャパンCの外国馬のメンバーがさびしいという意見はよく耳にしますけど、自分はジャパンCよりもチャンピオンズCに外国馬を呼ぶ努力を期待したいです

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ