1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第390回「BC終了の米国はファシグティプトン、キーンランド・ノベンバー(11月)繁殖セールなど開催中!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
更新
随時

[2016年11月11日10時58分更新]

第390回「BC終了の米国はファシグティプトン、キーンランド・ノベンバー(11月)繁殖セールなど開催中!」

BCが開催されているサンタアニタ競馬場で知り合いの生産者にお会いしました。競馬を見ることも大事ですが、生産者の方たちにとっては、将来、繁殖牝馬として日本へ買って帰りたい、そんなことを考えながらの観戦でもあります。4、5日の2日間で競馬が終了すると、すぐにケンタッキーへ飛び、セールの準備。彼らがつかんできた馬たち、その子どもたちがいずれ日本の競馬で走ることになります

7日のファシグティプトン社セールでは、社台ファームがエイコーンS、CCAオークスを買ったカーリン産駒を300万ドルで落札しています。他にもメダグリアドーロ、シャープヒューマー、ビッグブラウンの子などが日本の生産者に買われています。

BCディスタフを制したビホルダーはヘニーヒューズ産駒

BCディスタフを制したビホルダーはヘニーヒューズ産駒

8日にスタートしているキーンランド・ノベンバー繁殖セール。今年のプリークネス覇者イグザジャレイターの半姉(父パイオニアオブザナイル)が52万5000ドル、吉田勝己氏が米国で大人気のウォーフロント産駒を145万ドルで落札。他にもシティジップ産駒、ハードスパン、ローマンルーラー、ディンヒルダンサー、ルロワドザニモー、エルコレドール、バーナディーニ、ヴァンディケイション、ハイシャパラルの子、カナダの名牝、昨年のスイートピーSを勝ったディープジュエリーの姉、デクラレーションオブウォーの子、ティズナウ、ミッドナイトリュートの子、タピットの子、ジャイアンツコーズウェイの子などなど。

血の入れ替えをしていくことがサラブレッドの生産には不可欠なのだとあらためて実感します。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ