1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第365回「タタソールズオクトーバー1歳セール・ブック1の結果!15日はいよいよ英チャンピオンズデー」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
更新
随時

[2016年10月10日22時03分更新]

第365回「タタソールズオクトーバー1歳セール・ブック1の結果!15日はいよいよ英チャンピオンズデー」

4日から6日まで英国のニューマーケットで行われていたタタソールズオクトーバー1歳セール・ブック1日本の競馬関係者が購入したと思われる馬をチェックしておきます。

怪物フランケル(引退レース、12年英チャンピオンS快勝後のパレードリングにて)

怪物フランケル(引退レース、12年英チャンピオンS快勝後のパレードリングにて)

Tomokazu Iizuka氏名義で落札されたのが、母Ellbeedee(牝1、父フランケル)。近親に13年の英1000ギニー2着、愛1000ギニー1着のジャストザジャッジがいます。了徳寺健二オーナー名義で落札されたのが、母Sogno Verde(牡1、父ガリレオ)。半兄リルボーンラッドは11年の2歳G1ミドルパークS2着という血統です。フランケル産駒に、ガリレオ産駒…、日本の競馬でどんな走りを見せてくれるのか、来年を楽しみに待ちたいですね。

上場馬を見ていると、アルカジーム産駒も出ていました。タタソールズゴールドC、プリンスオブウェールズS、エクリプスSを制し、13年に一度引退して、14年に種付けして、15年に生まれた子たち。14年夏に現役復帰したアルカジームはその後、14年英チャンピオンSで2着、15年にはタタソールズゴールドCでG1を勝っています。

シャンティイの街のメーンストリートに作られた仮設の凱旋門(凱旋門賞週にて)

シャンティイの街のメーンストリートに作られた仮設の凱旋門(凱旋門賞週にて)

15日は英チャンピオンS(G1、芝2000メートル、15日=アスコット)です。愛チャンピオンSを勝った後、凱旋門賞には向かわなかった仏ダービー馬アルマンゾールがどんな走りを見せるのか。凱旋門賞を勝ったファウンドは、連覇のかかるファッシネイティングロックは…、ワクワクします。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ