1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第358回「凱旋門賞から一夜明け~5年前と同じ脱力感を味わってます!さあ、帰るぞ、秋競馬だ!」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年10月3日18時59分更新]

第358回「凱旋門賞から一夜明け~5年前と同じ脱力感を味わってます!さあ、帰るぞ、秋競馬だ!」

初めて日本で馬券が発売される凱旋門賞、自分にとっては5年ぶり2度目の凱旋門賞取材。この間、海外競馬への知識、経験をかなり積んできたつもりだったが…。

凱旋門賞の直線。好位抜け出しを期待していた◎ニューベイは大外を猛然と追い込んで7着…。

凱旋門賞の直線。好位抜け出しを期待していた◎ニューベイは大外を猛然と追い込んで7着…。

5年前はデインドリームのレコードVを見て、今年はファウンドのレコードVを見せつけられる。5年前はヒルノダムールナカヤマフェスタが馬群に沈み、今年はマカヒキが馬群に沈んだ。5年前はデットーリ騎乗のスノーフェアリーが3着に入り、今年はデットーリ騎乗のオーダーオブセントジョージが3着。

同じく悔しい気持ちで今夜、フランスから帰国します。5年前に書いた「今週の極ウマ」(火曜朝の日刊スポーツ競馬面に掲載)は、

「放心状態…。先週は日曜からパリチュルフのフジュレ編集長補佐ロワイエデュプレ師ルメールペリエ、そして日本馬2頭。凱旋門賞の有力馬情報はすべて伝えた気になっていた。追加登録したドイツ馬デインドリームが圧勝し、ペースメーカーと思っていた馬が2着。競馬はやはり筋書きのないドラマだ」。

思えば、ここから自分の海外競馬熱は急速に上がっていった。国内国外を問わず、競馬の取材が楽しくなった。今回の凱旋門賞、日本馬の勝利を伝えることはできなかったが、自分はいい経験をさせてもらった。自分もここからレベルアップしていきたいと思う。

明日の日刊スポーツ、今回の凱旋門賞について、しっかり分析記事を書いてますので、ぜひ手に取っていただければと思います。

※これからも当欄で今回の凱旋門賞取材で紙面に載らなかった話や写真を掲載していきます。よろしくお願いします。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ