1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第346回「ドイルがゴドルフィンの主戦から外される。アルカナ社セールに無敗のフランケル牝馬上場へ」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年9月21日18時56分更新]

第346回「ドイルがゴドルフィンの主戦から外される。アルカナ社セールに無敗のフランケル牝馬上場へ」

海外のジョッキーは大きな馬主の主戦騎手になることが成功の第一歩だと思われます。モハメド殿下の率いるゴドルフィンは近年、長年主戦を務めていたランフランコ・デットーリをやめ、その後に重用したシルベストル・デソウザミカエル・バルザローナをやめ、昨年からはウィリアム・ビュイックジェームズ・ドイルを主戦として起用してきました。

昨年ドバイにて。奥から2人目がドイル騎手

昨年ドバイにて。奥から2人目がドイル騎手

20日のレーシングポスト電子版は、ドイルがサイード・ビンスルール厩舎ファーストチョイスジョッキーではなくなったと報じています。ビンスルール師は「馬に合わせた騎手の選択をしていきたい」とコメントしているようで…。アルカジームの主戦であったり、その後はキングマンノーブルミッションといったジャドモンドファームの馬の主戦を務めていた印象が強いドイル騎手。今回、ゴドルフィンの主戦の座を失ってから、彼がどれだけ活躍するのかも楽しみです

生産関係のニュースでは、フランスのアルカナ社アークセール3戦無敗のフランケル産駒トゥリフォー・Toulifaut(牝2、J・ルジェ、父フランケル)が出てくることになったとのこと。7月にデビューし、その後、8月のドーヴィルで2勝目、今月8日、シャンティイのG3で重賞初制覇を果たしている逸材です(http://guw.nikkansports.com/?p=2312&type=free)。

このセールは現役馬のセール。凱旋門賞前日の10月1日にシャンティイで行われます。このトゥリフォーは翌日の凱旋門賞当日、2歳G1のマルセルブサック賞に登録があるみたい。可能であれば取材してみたいですね。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ