海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
更新
随時

[2016年8月24日18時11分更新]

第320回「ラクレソニエールがノネット賞快勝!今後は凱旋門賞へ直行予定。白毛馬の馬名募集中!」

いやー、強いなあ。ノネット賞(G2、芝2000メートル、23日=ドーヴィル、出走5頭)。仏1000ギニー、仏オークス覇者ラクレソニエール(牝3、J・ルジェ、父ルアーブル)が快勝しました。勝ちタイムは2分11秒77。鞍上はクリスチャン・デムーロ。デビューから無傷の6連勝。

今朝、札幌競馬場で取材。調教を終えたミルコ(デムーロ)に「ラクレソニール強いね」と話し掛けると、「見ました? ノネット賞。強かったで」とニッコリ。「クリスチャン、すごいね」「そう、すごいです。僕は直線の映像しか見ていないけど、強かったでー」。週末はワールドオールスタージョッキーズにクリスチャンがやってきます。「木曜に向こうを出て、日本に来ます。楽しみです」とミルコ、本当にうれしそうでした。

月曜日、ばんえい競馬に挑戦したクリストフ・ルメール

月曜日、ばんえい競馬に挑戦したクリストフ・ルメール

クリストフ(ルメール)も札幌にいます。「プリ・ノネットは見ました?」「見ました、見ました。でも、5頭立てで1頭はペースメーカー。ノネット賞と凱旋門賞は違います。マカヒキもニエル賞、頭数少ないから、3馬身、4馬身、5馬身…、たぶん、勝てると思う」と。ニエル賞のマカヒキに対して、ルメールはすっげー自信ありげでした。

※ご応募よろしくお願いします(http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1699027&year=2016&month=8&day=23)。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ