1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第301回「仏ダービー馬アルマンゾールは凱旋門賞に向かわず。ポストポンドは英インターナショナルSへ」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
更新
随時

[2016年8月5日20時14分更新]

第301回「仏ダービー馬アルマンゾールは凱旋門賞に向かわず。ポストポンドは英インターナショナルSへ」

今日は築地の日刊スポーツ新聞社で内勤業務。先週日曜の特別登録から水曜の追い切り、木曜の出馬確定、金曜朝に土曜の競馬と日曜重賞の枠順発表、そして、新聞の締め切り時間との戦い…、研究して、反省して、予想して、記事を書く。しびれる1日です。

先週金曜、50歳の誕生日前日、「50歳ポーズ」の要求に笑顔で応えてくれた柴田善騎手

先週金曜、50歳の誕生日前日、「50歳ポーズ」の要求に笑顔で応えてくれた柴田善騎手

で、今は築地を出て、東京駅から新幹線。海外からの観光客もたくさん、子どもの合宿みたいなのもたくさん、とにかく人の数がすごかったなあ…。今は新幹線の車内でこの「つぶやき」を書いています。明日は新潟競馬場。1Rの未勝利戦、5Rの新馬戦、楽しみなレースがたくさん。5Rは先週、ここで書いたと思うのですが、国枝厩舎の新馬がどんな走りを見せてくれるのか(※自分は◎を打ちました)。

さて、マカヒキが挑む凱旋門賞へ向けて注目のニュースがポツポツ。

どれだけ勝つんだというくらい絶好調な地元フランスのジャン・クロード・ルジェ厩舎。「Thoroughbred Owner & Breeder」の電子版に「Rouget dining at the top table」というタイトルの記事が出ています。そのなかで注目のコメントが…。

仏1000ギニー(プールデッセデプーリッシュ)、仏オークス(ディアヌ賞)をラクレソニエール(牝3、J・ルジェ、父ルアーブル)で制し、サンタラリ賞をジュメイエル(牝3、J・ルジェ、父ロペデヴェガ)で制し、仏ダービー(ジョッキークラブ大賞)をアルマンゾール(牡3、J・ルジェ、父ウートンバセット)で制し、コロネーションSとロスチャイルド賞をケマ(牝3、J・ルジェ、父ディンヒルダンサー)で制し、ジャンプラ賞をゼルザル(牡3、J・ルジェ、父シーザスターズ)で制しているルジェ厩舎。

記事のなかでルジェ師は仏ダービー馬アルマンゾールの今後のローテについて、ドーヴィルのG2ギョームドルナノ賞からレパーズタウンの愛チャンピオンS、そして、アスコットの英チャンピオンSという10ハロン路線のプランを考えているそうです。あくまで変更の可能性もあると断った上でですが…。シャンティイで行われる凱旋門賞にシャンティイで行われる仏ダービーの勝ち馬が出てこないかも…、ってことですね。

凱旋門賞の優勝候補最右翼と目されているポストポンド(牡5、R・ヴァリアン、父ドバウィ)については、レーシングポスト電子版が4日、続報を出しています。連覇のかかったキングジョージを回避しましたが、今後はヨークの英インターナショナルSに向かうとのこと。記事はヴァリアン師のコメントを紹介していて、「キングジョージには100%で出せなかった」「今の彼の状態には満足しているし、ヨークへ向けて軌道に乗っている」、そして、「彼に最もふさわしいレースは凱旋門賞だ」と。

レーシングポスト電子版ではルジェ厩舎と関係のある繁殖牝馬のニュースも。4日、日本の社台ファームケマの母馬を購入したと報じています。社台ファームはフランスへの影響力がすごいなあ…。

土曜、日曜の日刊スポーツ競馬面(※東日本で発行のもののみ)はコラム「ヨシットミ」掲載中!ぜひ読んで下さい!

土曜、日曜の日刊スポーツ競馬面(※東日本で発行のもののみ)はコラム「ヨシットミ」掲載中!ぜひ読んで下さい!

※最後に、明日も日刊スポーツをよろしくお願いします! そして、サンリオキャラクター大賞コラボ部門に3年連続出場を果たした「極ウマくん」に続き、日刊スポーツのゆるキャラ「ブル男」が今年、「ゆるキャラグランプリ」に初参戦(企業・その他ランキングの下位の方に現在います)。ぜひ、1日1票、皆様の清き一票をよろしくお願いします!http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00003255)。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ