[2016年4月7日20時27分更新]

第173回「シドニーのイングリス社1歳セール結果。日本の競馬関係者がフランケル産駒などを落札」

オーストラリアでは5日から7日の日程でイングリス社Inglis)のセール(Australian Easter Yearling Sale)が行われていました。基本的にオーストラリアは大きな開催とセールがセットなのでしょう。シドニーのスプリングカーニバルが行われているこの時期のセール。イングリス社のホームページのトップにある紹介文では580頭が上場され、良血馬、53の種牡馬の産駒、フランケル産駒やエイブルフレンド11年のこのセール出身)と同じシャマーダル産駒もいるぞ、とあります。

怪物フランケル

怪物フランケル

このセールに出てくる馬、南半球で走る場合は1歳馬ですし、北半球で走る場合は2歳の遅生まれっていうことになります日曜の中山競馬場ノーザンファーム代表の吉田勝己さんはいらしてたので、ご本人がセール会場にいたのかどうかはわかりませんが、イングリス社のホームページでセール結果をチェックすると、Purchaserに「K Yoshida」の名前があります。

買っているのが、母Zarakiysha(牝2、父リダウッチョイス)。14年の8月17日生まれ。42万オーストラリアドル。ブラックタイプには半姉がクイーンズランドオークス4着というのがありますね。とにかく注目なのは、お母さんZarakiyshaの1歳下の半妹はあのザルカヴァだってことでしょう。現役時はすべてクリストフ・スミヨンとのコンビで7戦無敗。2歳時にマルセルブサック賞を制し、3歳になった08年には仏1000ギニー、仏オークス、ヴェルメイユ賞、凱旋門賞と勝ちまくった歴史的名牝です。

エイブルフレンド

エイブルフレンド

そして、母Jeu de Cartes(牝2、父フランケル)。今年、初年度産駒がデビューする怪物フランケルの2歳牝馬。こちらも偶然なのか、14年の8月17日生まれです。母の父はストラヴィンスキー。75万オーストラリアドル。お母さんはニュージーランド産馬。祖母はニュージーランドの最優秀古馬牝馬。母の半兄Nom Du Jeu(父モンジュー)がオーストラリアンダービー覇者という血統です。

母Heart Ashley(牡2、父ファストネットロック)は25万オーストラリアドル。14年8月21日生まれで母の父ライオンハート。母Heart Ashleyの半弟キューピッド・Cupid(牡3、B・バファート、父タピット)は今年3月に米G2レベルSを制しており、ラニが出走するケンタッキーダービー有力馬の1頭です。

セール3日目の最初の馬、母Magistra Delecta(牡2、父ロンロ)。14年8月26日生まれ。50万オーストラリアドル。お母さんがニュージーランドのG1好走馬で、全姉が重賞ウイナーという血統です。

その他で日本の関係者が買っているのは、母Dezign(牝2、父エクシードアンドエクセル)。14年10月14日生まれ、13万オーストラリアドル。母の父ザビール。祖母エレガントファッションは香港ダービー馬で03年の香港、クイーンエリザベス2世Cではエイシンプレストンの2着だった馬です。4代母がハイクレアなので母系はウインドインハーヘアディープインパクトと同じ一族になります。母Most Secret(牝2、父ピエロ)は14年9月10日生まれで26万オーストラリアドル。半姉がG1ウイナー。

さて、いよいよ桜花賞。今日の天気で阪神競馬場の桜がどんな状況なのか、非常に心配ですが…。枠順も出ていますし、予想で眠れないです…。

※今週末はクラシック第1弾の桜花賞(G1、芝1600メートル、10日=阪神)!紙面では辻敦子記者の「G1番記者」を連載!日刊スポーツで1週間、競馬を楽しんで下さい!駅売店、コンビニで毎朝発売中です!どうぞよろしくお願いします!

【木南 友輔】