1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき
  4. 第112回「ソングバード圧巻のV5!ドンH快勝ムシャウィッシュ、ドバイへ」

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
更新
随時

[2016年2月7日17時28分更新]

第112回「ソングバード圧巻のV5!ドンH快勝ムシャウィッシュ、ドバイへ」

6日(※日本時間では7日朝でしたが…)、アメリカで昨年の最優秀2歳牝馬ソングバード(牝3、J・ホレンドーファー、父メダグリアドーロ)が今年初戦に臨みました。3歳牝馬限定のラスヴァージネスS(G2、ダート1600メートル、6日=サンタアニタパーク、出走6頭)。レースは…、ひと言、「強すぎる」。

1コーナーまでに先手を奪ったソングバード。向正面で1、2馬身差だった後続集団との差が3、4コーナーで5馬身ほどに開き、直線は鞍上マイク・スミス持ったままの独走です。勝ちタイムは1分36秒84。デビューから6馬身半差、5馬身4分の1差、4馬身半差、5馬身4分の3差と2着馬に差をつけてきましたが、今回も2着ランドオーヴァーザシーに6馬身半差をつけています。今後はサンタアニタオークス(G1、ダート1700メートル、4月9日=サンタアニタパーク)に向かう予定とのこと。

名牝の誕生で注目されているのが、ソングバードケンタッキーオークス(G1、ダート1800メートル、5月6日=チャーチルダウンズ)ではなく、ケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル、5月7日=チャーチルダウンズ)に挑戦するのではないのか、ということ。ブラッドホース電子版ソングバードのオーナー関係者の言葉を伝えていて、それによると、「ポイントシステム(※ケンタッキーダービー参戦には指定競走でポイント獲得が必要)が好きではない」と…。現状ではケンタッキーオークスに向かうのが有力なようです。

ムシャウィッシュ(昨年ドバイターフのレース後)

ムシャウィッシュ(昨年ドバイターフのレース後)

さて、ドバイワールドカップ有力馬が出走したドンH(G1、ダート1800メートル、6日=ガルフストリームパーク、出走8頭)は砂の新星誕生となりました。勝ったのはムシャウィッシュ(牡6、T・プレッチャー、父メダグリアドーロ)。芝を主戦場にしていた馬がダートに転じて3戦目でG1初制覇です。勝ちタイムは1分47秒89。道中はラチ沿いの3番手を走り、直線は馬場の真ん中から抜け出してきました。もう1頭の注目馬キーンアイス(牡4、D・ローマンズ、父カーリン)は後方から見せ場を作れず6着に敗れています。

ムシャウィッシュ(昨年ドバイにて)

ムシャウィッシュ(昨年ドバイにて)

一昨年のドバイデューティフリー(現ドバイターフ)ジャスタウェイの4着、昨年のドバイターフソロウの3着に入ったムシャウィッシュブラッドホース電子版の記事でプレッチャー師は「我々はドバイに行くし、レースを決めなければならないでしょう。ドバイワールドカップになると思います」とコメントしています。オーナーはカタールのアルシャカブレーシング凱旋門賞連覇トレヴと同じ)。層の厚いアメリカ勢。先日のフロステッド、すでにドバイ入りしているカリフォルニアクロームとともにムシャウィッシュキーンアイスが日本馬の前に立ちはだかることになりそうです。

ムシャウィッシュ(昨年ドバイにて)

ムシャウィッシュ(昨年ドバイにて)

芝のガルフストリームパーク・ターフ・ハンデキャップ(G1、芝1800メートル、6日=ガルフストリームパーク、出走8頭)はルークスアレー(牡6、J・キャロル、父フラワーアレー)が勝利。勝ちタイムは1分48秒20。中団追走から直線で逃げたシャイニングコッパー(セン6、C・ブラウン、父アラゴン)を差し切りました。ザピッツァマン(セン7、R・ブルーグマン、父イングリッシュチャネル)は大外からジリジリと伸びて5着まで。

日曜東京5Rを勝ったラヴィエベールと杉原騎手

日曜東京5Rを勝ったラヴィエベールと杉原騎手

で、今日は東京競馬場で取材。5Rの新馬戦(芝1800メートル)は◎カルヴァリオが完全に抜け出したと思ったんですが、ゴール前で良血○ラヴィエベール(牡3、藤沢和、父ディープインパクト)が豪快な差し切り。最後の脚は迫力があって今後が楽しみな1頭かな…。それから、土曜の東京で21日までの騎乗停止処分を受けたフランシス・ベリー騎手ですが、関係者に聞いたところ、短期免許期間(3月2日まで)のラスト週になる中山開幕週(27、28日)は騎乗するそうです。最後に日曜東西重賞の反省を…。きさらぎ賞ロワアブソリューは若さを見せて7着。危ない競馬になってしまった東京新聞杯は◎トーセンスターダムが後方からの競馬に…。上がり3ハロン最速タイ(32秒8)はマークしましたが、追い上げ届かず9着。無念です。来週は取材、予想でしっかり結果を出さないと…。

※来週は今年のクラシック戦線を占う大事な共同通信杯(G3、芝1800メートル、14日=東京)。月曜朝の日刊スポーツは「データの神様」&大型出走箱を掲載。ぜひ、駅売店やコンビニなどで買って下さい!よろしくお願いします!

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ