海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
更新
毎週随時

2018年6月20日の記事

[2018年6月20日18時52分更新]

第628回「クイーンアンSのヨシダ5着!キングマン産駒重賞初V!フランケル産駒ウィザウトパロール!今夜も」

クイーンアンS、日本のノーザンファームで生まれ、セレクトセールで買われていったハーツクライ産駒、

ヨシダ(牡4、W・モット)が挑みました。

白の勝負服、スタンド側から一瞬突き抜けるかという手応えだったんですが、残念5着でした。

勝ったのは、超伏兵アクシデンタルエージェント(牡4、E・ホーントン、父デリゲーター)。

2着も伏兵ロードグリッターズ。3着はライトニングスピアー。

人気のロードデンドロン、ドバイターフを圧勝していたベンバトルは9、10着に沈みました。

2歳のコヴェントリーSでは先日書いたばかりのこの馬が…。

第618回「ジャスティファイ米3冠達成!エイコーンS、マインドユアビスケッツなど!キングマン産駒が初勝利!」

ゴスデン厩舎のカリクス(牡2、父キングマン)。キングマン産駒が重賞初制覇です。

インヴィンシブルスピリット産駒、ゴスデン厩舎、ジャドモンドファーム、そして、主戦はジェームズ・ドイルだったキングマン。

この日のカリクスの鞍上はフランキー・デットーリ。早めに抜け出して押し切る、強い競馬でした。

直線1000メートルのキングズスタンドSはゴドルフィンのブルーポイント(牡4、C・アップルビー、父シャマーダル)。

米国馬レディオーレリアと昨年のアベイドロンシャン賞覇者バターシュの2強とされていましたが、

早々にレディオーレリアが脱落。バターシュの外から豪快にビュイック騎乗のブルーポイントが差し切りました。

3歳マイル路線のセントジェームズパレスSは新星登場。

デビューから3戦無敗のフランケル産駒、ウィザウトパロール(牡3、J・ゴスデン)が人気に応えました。

鞍上はフランキー・デットーリ。これが重賞初挑戦でしたが、抜け出してから猛追してきたグスタフクリムトを完封。

フランケル産駒2世代目からも強いG1馬の登場です。血統は母の父がレモンドロップキッド。

半兄は…、タマルクーズ!

16年のBCダートマイルを制したタマルクーズ

一昨年のBC@サンタアニタで見ている馬でした(※自分がよくマイク・スミスの写真で使っている馬でした)。

あのガンランナーを差し切ってBCダートマイルを制し、種牡馬入り。

うーん、運命ですね。というか、良血ですね。

兄は英国で走ってから、メイダン(ドバイ)で活躍して、アメリカで頂点に登り詰めています。

さて、初日が終わってから、アスコット競馬場からプレスリリースがたくさん送られてきています。

初日6レースを終えての騎手リーディングは3勝のデットーリ。そして、ライアン・ムーアが未勝利。

エイダン・オブライエン厩舎も未勝利。まだ初日が終わっただけですけど、不調な感じ…。

今夜はプリンスオブウェールズS。

7頭立て。1番人気はもちろんクラックスマン。

相手はポエッツワード、クリフスオブモハー、ホークビル、エミネントなど。

ゴスデン厩舎、デットーリ騎手の凱旋門賞1番人気馬を止めるのは、

サー・マイケルスタウトか、バリードイルか、ゴドルフィンか、マーフィーが騎乗するもう1頭のフランケル産駒か。

エイダン・オブライエン師(右)とジョセフ・オブライエン師(エプソム競馬場にて)

楽しみです。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ