海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
更新
毎週随時

2018年5月の記事

[2018年5月31日16時06分更新]

第612回「本紙既報どおり」

行ってきます。

フランスのストライキが気になります…。

【木南 友輔】

[2018年5月28日13時21分更新]

第611回「チャンピオンズ&チャターCはパキスタンスター!愛1000ギニー、イスパーン賞、サンタラリ賞などなど」

日本ダービー、福永騎手と△ワグネリアンが見事な勝利。

自分の推した◎ブラストワンピースは5着でした。悔しーーーーーーーーーーーー。

さて、香港ではチャンピオンズ&チャターC(G1、芝2400メートル、27日=シャティン)。

前走QE2を勝ったパキスタンスターが2番手から抜け出して圧勝。

2400メートルでも強い。もう完全に本格化ですね。

鞍上はトミー・ベリーで勝ちタイムは2分27秒42。5頭立てで、2着は奥野さんの推し馬エグザルタント。3着がゴールドマウントでした。

この日のシャティン競馬場、1Rでデビューした日本産馬のロードカナロア産駒キングカナロアは7頭立て6着でした。

アイルランドのカラ競馬場、

古馬の10ハロン路線の大事なタタソールズゴールドカップ(G1、芝2100メートル)はランカスターボンバーが勝っています。

エイダン・オブライエン厩舎のウォーフロント産駒。今年初戦のドバイターフは11着。ロッキンジSで3着に入り、ほとんど連闘状態で挑んで、勝っています。

セントジェームズパレスSとか、BCマイルとか、2着が多かったのですが、今回がG1初制覇。鞍上はシェーミー・ヘファーナン。勝ちタイムは2分14秒05。

2馬身差2着はライアン・ムーア騎乗のクリフスオブモハー。昨年の英ダービー2着馬がちょっとずつ良くなっている感じです。3着がヴァリアン厩舎のデフォーでした。

愛1000ギニーは伏兵アルファセントウリが差し切り。マスタークラフツマン産駒。鞍上はコルム・オドノヒューで勝ちタイムは1分38秒71。

2着がオブライエン厩舎の人気薄クッドイットビーラブで、人気のハッピリーは3着でした。

フランス、ロンシャン競馬場のサンタラリ賞。

勝ったのはシユーニ産駒のローレンス。小林厩舎のトーセンギフトは5頭立ての最下位5着でした。

イスパーン賞はオリビエ・ペリエ騎乗のレコレトスが制しています。よく見ると、イスパーン賞の6着オリエンタルは日本産のスマートストライク産駒っていう…。その妹テンペルはディープインパクト産駒ですね。オーナーはヴェルトハイマー。

【木南 友輔】

[2018年5月27日13時27分更新]

第610回「ダービー当日です!昨日は熟睡!シンガポールのクランジM!愛2000ギニーは伏兵ローマナイズド」

昨日は1週間ぶりに家へ帰りました。

荷物が重かったのと、1週間の連載の責任感で、いっぱいいっぱい。

お風呂に入って、歯磨きして、布団に横になった瞬間、今朝になっていました。

昨日はシンガポールでクランジマイル。

今年から海外招待馬を呼んで、シンガポールがまた国際競走に力を入れようというレース。

日本馬も登録は行いましたが、遠征する馬はいませんでした。

結果は香港馬のワンツー。勝ったのはザック・パートン騎乗のサザンレジェンドでした。チャンピオンズマイルの3着馬です。

来週の安田記念はチャンピオンズマイルの2着馬が出てきますね。

愛2000ギニーは伏兵ローマナイズドが勝ちました。勝ちタイムは1分38秒93。

ホーリーローマンエンペラー産駒で鞍上は日本に短期免許で来日した経験のあるシェーン・フォーリーです。

先に抜け出していたライアン・ムーア騎乗のユーエスネイヴィーフラッグが2着。グスタフクリムトが3着。エラーカムは6着でした。

【木南 友輔】

[2018年5月25日20時09分更新]

第609回「ダービーまで2日!仏でオルフェーヴル賞!シーマC2着ポエッツワード英G3快勝!週末は世界中G1」

昨晩、美浦に到着して、今朝は美浦トレセンで関東馬を取材。

ダービーが近づいてきましたね。

海外のレース結果を見ていると、昨日はフランスのロンシャン競馬場でオルフェーヴル賞が行われています。

3歳馬の条件戦、芝2400メートル。2歳女王ラッキーライラックは今年の凱旋門賞断念というのが発表されました。

ダービーには皐月賞馬エポカドーロが出走。

オルフェーヴル産駒がフランスで走るのを見たい気持ちはみなさんあると思います。

リヨンの競馬場で行われたリステッド競走の映像を見ていたら、3着馬の名前がナガノゴールド。りんごの品種名かな…。

英国のサンダウン競馬場では、G3のブリガディアジェラードSにドバイシーマC2着馬ポエッツワードが出走。

5頭立てで快勝しています。スタウト厩舎、鞍上はライアン・ムーア。

同じサンダウン競馬場のヘンリー2世S。2マイルのG3ではフランシス・ベリー騎乗のマジックサークルが6馬身差で勝利。

マクフィ産駒でセン馬の6歳馬。大きいところを狙えるでしょうか。

週末は世界中でG1があります。

アイルランドのカラ競馬場は土曜に愛2000ギニー、日曜に愛1000ギニーとタタソールズゴールドカップ。

愛2000ギニーは11頭立てで、ブックメーカーのオッズを見ると、英2000ギニー4着のフランケル産駒エラーカムが中心。

これにエイダン・オブライエン厩舎は仏2000ギニー5着、昨年デューハーストS覇者のユーエスネイヴィーフラッグが鞍上ライアン・ムーア、英2000ギニー6着のグスタフクリムトに息子のドナカ・オブライエンで挑みます。

日曜のタタソールズゴールドカップは5頭立て。英国から遠征するヴァリアン厩舎のデフォー対エイダン・オブライエン厩舎のクリフスオブモハー、ランカスターボンバーです。

愛1000ギニーは13頭が出走予定。英1000ギニー3着から反撃に出たいハッピリー(グレンイーグルスの妹)、チェヴァリーパークS以来のクレミー(チャーチルの妹)のバリードイル勢が中心。他にはサトノクラウンの近親のフランケル産駒もいます。

日曜のフランス、ロンシャン競馬場では3歳牝馬のサンタラリ賞、それからエイシンヒカリの勝った古馬のイスパーン賞。

サンタラリ賞は英1000ギニー2着のローレンスに日本出身の小林調教師が管理するトーセンギフトが挑みます。5頭立て。

というわけで、海外の競馬も楽しみですが、

日本ダービーに集中します!

【木南 友輔】

[2018年5月25日00時28分更新]

第608回「栗東から美浦へ!ダービーまであと3日!社台ファームが米の短距離馬マインドユアビスケッツを購入」

日本ダービーの出走馬と枠順が確定しました。

今日は朝に栗東で取材。先ほど、美浦トレセン近くの宿舎へ到着しました。疲れた。

残り3日、頑張ります。

マインドユアビスケッツを社台ファームが購入したとアメリカのブラッドホース電子版などが伝えています。

【木南 友輔】

[2018年5月23日18時21分更新]

第607回「ダービー週の水曜日、各馬追い切りました!今週末は香港で良血ロードカナロア産駒がデビュー予定」

午前6時は曇り空、しばらくして、雨が降り始めました。

今日も栗東トレセン、追い切りの動きを見て、関係者を取材して…。

たくさんの人に囲まれていて、なかなか話すの難しいですが、武豊騎手と海外競馬の話をする時間もできました。

ダービーまで残り4日、しっかり取材して、納得のいく予想ができれば。

海外のレースカードを見ていて、香港のエントリーを見ていたら、

27日、G1の行われるシャティン競馬場のグリフィン(新馬戦?)に、

キングカナロア(牡3)という馬の名前が…。

ワーザーのジョン・ムーア厩舎。父はロードカナロア、母はサンキューアスク、母の父シンボリクリスエス。

お母さんのサンキューアスクはジェンティルドンナが勝ったオークスの5着馬。良血のロードカナロア産駒です。

バリアトライアルでは後方でゴールしているようですが、どんな競馬をするか、ひっそり気にしておこうと思います。

【木南 友輔】

[2018年5月22日17時44分更新]

第606回「英国はエプソムでダービー&オークス&コロネーションCへ向けたブレックファーストウィズザスターズ」

今日も栗東トレセンで取材です。晴れていて、それほど暑くない、いい気候です。このまま、ダービーまでいってくれるといいんですが。

英国は今朝、エプソム競馬場でダービー開催へ向けたレースコースギャロップ(コースを使った追い切り)、朝食会、取材が行われているようで…。

日本もかつては競馬場へ早めに入厩して調整することがほとんどだったようですが、今はレース前日の直前輸送が主流。

競馬場の芝コースで追い切る姿も見てみたいなあ、と、ちょっとだけ思っています。

【木南 友輔】

[2018年5月21日18時07分更新]

第605回「プリークネスSはジャスティファイが米2冠達成!マサーは英ダービーでサクソンウォリアーと再戦へ」

オークスの予想がボロボロに終わり、傷心のまま、栗東へ入って、今週はダービーウイークの取材です。

日曜早朝、ピムリコ競馬場で行われた米3冠の第2戦、プリークネスSはケンタッキーダービー馬ジャスティファイが勝ちました。

ケンタッキーダービーに続き、ドボドボの馬場でしたが、激しいレースを制し、次はいよいよ3冠最終戦ベルモントSになります。

英国からはゴドルフィンのマサーが英ダービーへというニュース。

今週末はアイルランドで愛2000ギニー、愛1000ギニー、タタソールズゴールドカップです。

【木南 友輔】

[2018年5月18日22時05分更新]

第604回「ダンテSはロアリングライオンが圧勝!詳しくは海外競馬コラム「奥野庸介の海外競馬を知ろう」にて!」

奥野さんが「サクソンウォリアー英ダービーに難敵おぼしき馬なし」と書いています。

http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/column_article.zpl?topic_id=10072

すべてここに書かれています。

というわけで、

話題は今週末のプリークネスS(ピムリコ競馬場)へ。

米3冠の第2戦。すでに枠順も発表になっていますね。8頭立て。

ケンタッキーダービー馬ジャスティファイとケンタッキーダービー2着グッドマジックの一騎打ちムード。

3冠目のベルモントSへ向け、力を残しつつ、勝つことが求められるプリークネスS。

どんな競馬になるのか楽しみです。

17日朝、ダービー1週前追い切りに向かう将軍ジェネラーレウーノ。柔軟性がすごい

12年オークス3着アイスフォーリスの初子が美浦トレセンへやってきました。今年はそのときの1着ジェンティルドンナ、2着ヴィルシーナの初子も。楽しみです

【木南 友輔】

[2018年5月16日18時23分更新]

第603回「今日は美浦でオークス&ダービー1週前!海外競馬も楽しいですが、日本の競馬も最高に楽しいです」

16日、ダービー1週前追い切りを終えたブラストワンピースと池添騎手

16日、ダービー1週前追い切りを終えたブラストワンピースと池添騎手

今日は美浦トレセンで取材でした。

絶好のお天気。太陽が昇ってくると、暑かったです。午後は厩舎まわり。今週のオークス、来週のダービーへ、

楽しみになるような話もありました。

16日、ダービー1週前追い切りに向かうオウケンムーンと北村宏騎手

16日、オークスの追い切りに向かうアーモンドアイとルメール騎手

16日、オークスの追い切りを終えたロサグラウカ

16日、ダービー1週前追い切りを終えたステルヴィオと半袖のルメール騎手

16日、ダービー1週前追い切りへ向かうゴーフォザサミットと蛯名騎手

午前10時半頃、ほとんどの馬が調教を終え、人の姿もまったく見えなかった時間に熱心に会話していたのは和田正師と石神騎手でした

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ