海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
更新
毎週随時

2017年7月の記事

[2017年7月31日17時33分更新]

第502回「キングジョージはエネイブルが圧勝!米G2では今年も3冠ウイナーが未出走馬に完敗で…」

29日、土曜の夜に行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスSはエネイブル(※当欄ではイネイブルと表記していましたが、とりあえずJRA発表に準じます)が快勝。

かなり馬場が悪く、ペースメーカーの馬以外は道中でラチ沿いを空けて、外を走っていましたが、直線を向いてスパートしたエネイブル。最後はユリシーズに4馬身半差をつけて、デットーリが追うのをやめるほどのワンサイドゲームでした。

以前に書きましたが、サドラーズウェルズの2×3という近親交配。父父ガリレオ、父ナサニエルとの3代キングジョージ制覇。道悪も、アスコットの馬場もこの馬には最高の条件だったというのがあったと思います。秋が楽しみですね。

2着ユリシーズはエクリプスSでG1初制覇を果たしたスタウト厩舎の良血馬。この馬が初勝利を挙げたときの2着馬が父ディープインパクト、母リッスンのニューワールドパワーでした。この馬の今後も気になりますし、3着アイダホ、4着ハイランドリールはアイダホがハイランドリールの全弟という関係。昨年の凱旋門賞でワンツースリーを決めたバリードイルですが、今年は凱旋門賞にどんなラインナップで来るんでしょう?

米国では29日、サラトガ競馬場のG2ジムダンディSで波乱がありました。ケンタッキーダービー馬オールウェイズドリーミング、プリークスS覇者クラウドコンピューティングが出走したのですが、直線、ものすごい脚で大外一気に突き抜けたのが、ハーランズホリデー産駒のグッドサマリタン。ビル・モット厩舎の馬で他の馬が止まって見える脚でした。

去年はトラヴァーズSで3冠競走未出走のアロゲートが衝撃の走りを見せましたが、今年も3冠競走未出走の新星登場です。この馬、去年のBC開催で見ているんだなあ…。

【木南 友輔】

[2017年7月25日15時45分更新]

第501回「アロゲートがまさかの惨敗…、次走に注目!今週末はキングジョージ!イネイブル参戦か?」

先週土曜、デルマー競馬場のG2サンディエゴHにアロゲートが出走しました。

昨夏にトラヴァーズSで3冠競走を走ってきた馬たちに圧勝。ブリーダーズカップクラシックでカリフォルニアクロームを破り、第1回ペガサスワールドカップを快勝。ドバイでは後方からの競馬で絶体絶命に思われましたが、圧巻の差し切り。これだけのパフォーマンスを見せてきた馬が…、

まさかの5頭立て4着。スタートから行きっぷりが悪く、勝負どころでも前との差を詰められないまま。信じられない敗戦でした。次走は来月のパシフィッククラシックの予定ですが、巻き返すことができるのか注目です。

今週末は英国、アスコット競馬場でキングジョージです。

昨年このレースを逃げ切ったハイランドリールが主役ですが、英愛オークスをぶっちぎったイネイブルがまだ参戦の可能性を残したままです。3年前には同じ3歳牝馬タグルーダでキングジョージを勝っているゴスデン師。イネイブルの父ナサニエルでも11年のキングジョージを制しています。そして、ゴスデン厩舎にはドバイシーマクラシックで復活VからロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズSで惨敗を喫したジャックホブスもいます。

見逃せない週末の決戦へ、その顔触れに注目です。

【木南 友輔】

[2017年7月18日18時16分更新]

第500回「外は異常気象、クーラーの効いた部屋でゴロゴロしすぎでしょうか…、なんか様子がヘンです」

函館から本州、関東に戻ってきて3週間…、完全にクーラーの効いた部屋に入り過ぎが原因と思われる風邪で苦しんでいます。

鼻水が出て、ボーッとしている感じだった先週から、今週はノドの調子もおかしい。ちょっと発熱もある。冷房が当たらないようにしながら、この暑い夏を乗り切らねば。今週は今日から美浦へ入ります。日本全国、狂ったような気象が続いています。熱戦が続く高校野球、いろいろなスポーツ、みなさん、体調に気をつけて頑張ってください。

今週は函館2歳Sと中京記念。春のG1シーズンにJRAハンデキャッパーの方を取材させていただいたのですが、「一番難しいのは函館2歳Sのレーティング」とおっしゃってました。比較材料が少ないのがその理由。今年は1回函館開催を取材させてもらってきたので、なんとか函館2歳Sを当てたい。中京記念も例年波乱の起こるレース。一生懸命取材を頑張ろうと思います。

【木南 友輔】

[2017年7月16日12時55分更新]

第499回「近親交配のナサニエル産駒イネイブルが英愛オークス連覇!秋に凱旋門賞参戦の可能性も」

6月25日の昼頃から更新していませんでしたが…、それだけ宝塚記念の予想を外したショックが大きかったということで…。もう3週間経ってますから、その間、いろいろありすぎて何を書けばいいのかわかりませんが、とりあえず、昨日はカラ競馬場でアイリッシュオークスがありました。

自分が行ったのは3年前のこと。オブライエン厩舎のブレスレットが勝った年です。このときはシーザスターズ初年度産駒で無敗の英オークス馬タグルーダが出てくると思っていたのですが、ダブリンのホテルにチェックインしたタイミングでいろんな友人からメールがきてまして、「タグルーダは来週のキングジョージみたいですよ」と。

今年の愛オークス(G1、芝2400メートル、出走10頭)は ランフランコ・デットーリ騎手騎乗の英オークス馬イネイブル(牝3、J・ゴスデン、父ナサニエル)が快勝。勝ちタイムは2分32秒13でした。英愛オークス連覇は10年スノーフェアリー以来7年ぶりとのこと。2番手から抜け出し、最後は持ったままで2着レインゴッデスに5馬身半差。ロードデンドロンに5馬身差で制した英オークスに続く圧勝劇でした。

父ナサニエルの初年度産駒。父は11年のキングジョージ覇者で、14戦無敗の怪物フランケルとデビュー戦(2着)、ラストランの12年英チャンピオンS(3着)で対決したことで知られる馬です。フランケルは倒した馬がすごかった。そして、倒した馬たちが種牡馬になってもすごかった、って感じです。ウートンバセットからアルマンゾル、エクセレブレーションからバーニーロイ、ナサニエルからイネイブル!

ナサニエルはガリレオ産駒でその父は大種牡馬サドラーズウェルズです。イネイブルは母の父がサドラーズウェルズなので…、かなりの近親交配。通算戦績は5戦4勝3着1回。ゴスデン師とグリムソープ氏が凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月1日=フランス・シャンティイ)参戦の可能性をほのめかしています。日本から参戦を予定するサトノダイヤモンド、サトノノブレスの強敵になるかもしれません。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ