海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
更新
毎週随時

2017年6月3日の記事

[2017年6月3日18時15分更新]

第495回「英オークスはイネイブル!コロネーションカップはハイランドリール!ガリレオゴールドが引退」

更新をさぼりまくりの当欄ですが、ボチボチやっていきます。

昨日(2日)は英国で英オークス(G1、芝2400メートル、エプソム、出走9頭)がありました。

エプソム行きてー!

勝ったのは、フランキー・デットーリ騎乗のイネイブル(牝3、J・ゴスデン、父ナサニエル)。映像を見ると、雨が降っていたみたいで柔らかい馬場。3番手を進み、直線で後方から迫ってきたライアン・ムーア騎乗の1番人気ロードデンドロンを5馬身突き放す強い競馬でした。

イネイブルの勝ちタイムは2分34秒13。ナサニエル産駒が勝ったってのがすごいですね。サンタラリ賞を勝っていたシンコウエルメスの孫ソベツは残念ながら8着に敗れています。

英オークスの2レース前に行われたのが、古馬のコロネーションカップ(G1、芝2400メートル、エプソム、10頭立て)。

ハイランドリール(昨年のBCターフ、レース後)

こちらは、ライアン・ムーア騎乗のハイランドリール(牡5、A・オブライエン、父ガリレオ)が制しています。勝ちタイムは2分33秒34。

ドバイシーマクラシックは最下位7着に敗れていましたが、欧州に戻って見事な巻き返し。今後は連覇のかかるキングジョージが目標になりますが、ロイヤルアスコットを使っても大丈夫なくらいタフだとか。今年も凱旋門賞に出てくるのでしょうか

ハイランドリールの全弟アイダホは6着。昨年の英ダービー2着馬ユーエスアーミーレンジャーは最下位10着でした。

今週あった伝わってきた主なニュースは、昨年の英愛チャンピオンS覇者で凱旋門賞前売り1番人気アルマンゾールがヨークで夏に2戦する予定があるとのこと、昨年の英2000ギニー覇者ガリレオゴールドが引退したこと、など。

明日は安田記念。いい天気でできそうなのが何よりですし、その天気を味方にできそうな馬を狙ってみました。明日の日刊スポーツ、どうぞよろしくお願いします。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ