海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
更新
毎週随時

2017年6月の記事

[2017年6月25日12時56分更新]

第498回「ロイヤルアスコット後半~ゴールドカップはビッグオレンジが金星!ディープ産駒が歴史的勝利」

火曜から土曜までの5日間開催になっている英国王室主催のロイヤルアスコット。

3日目の木曜日はステイヤーのナンバーワンを決めるアスコットゴールドカップ(G1、芝4000メートル)。大本命のオーダーオブセントジョージを破ったのは、ビッグオレンジ。鞍上はジェームズ・ドイル。直線のゴール前はライアン・ムーア騎乗のオーダーオブセントジョージの強襲をなんとかしのぎきりました。大金星です。勝ちタイムは4分22秒40。

オーダーオブセントジョージから6馬身遅れた3着が昨年の英セントレジャー覇者ハーバーロウ。6着シェイクザイードロード。12着クエストフォーモア、13着トリップトゥパリス、14着シンプルヴァース。

ハンデキャップ戦のキングジョージ5世Sではフランケル産駒アッティーパーッスが勝ったのですが、アスコットの芝2400メートル戦で3馬身差の快勝。これがフランケル産駒のロイヤルアスコット初勝利になりました。ゴドルフィンの馬で戦績は4戦3勝2着1回、次走は未定。

4日目、金曜日は最初のレース、2歳牝馬の重賞アルバニーS(G3、芝1200メートル)をディファレントリーグが勝利。フランス生産馬で父はダビルシム、その父は日本で活躍したハットトリック。その父はサンデーサイレンスです。

3歳馬のスプリント王を決めるコモンウェルスC(G1、芝1200メートル)はバリードイルのカラバッジョが勝利。スキャットダディ産駒で戦績は6戦無敗となっています。鞍上はライアン・ムーア。

3歳牝馬のコロネーションS(G1、芝1600メートル)はウインターが英愛1000ギニーに続くG1・3連勝。鞍上はライアン・ムーア。

3歳牝馬の長距離戦、クイーンズヴァース(G2、芝2800メートル)には日本生まれのディープインパクト産駒が2頭出走。13頭立てで12、13着でした。12着は母ピーピングフォーンのウィスコンシン。13着は母ケイアイガーベラのフィアースインパクト。先日、全妹のケイアイノーテックが阪神で新馬勝ちしています。

最終日の5日目、土曜日は第1R、リステッド競走のチェシャムSでディープインパクト産駒がロイヤルアスコット開催の初勝利を挙げています。勝ったのは、エイダン・オブライエン厩舎のセプテンバー。母はピーピングフォーン。クールモアが日本に送ってディープインパクトを種付け。日本で生まれたのがウィスコンシンで、受胎してアイルランドで生まれたのが、このセプテンバーです。

先日、レパーズタウンのデビュー戦がぶっちぎりの走りですが、この日もライアン・ムーア騎手を背に快勝。まだまだまだまだまだまだ気は速いですが、来年の英1000ギニー、英オークスのブックメーカー前売り1番人気になっています。

キングジョージと同じ舞台で行われる古馬のハードウィックS(G2、芝2400メートル)はアイダホが勝利。エリザベス女王の所有馬ダートマスは4着でした。G1のダイアモンドジュビリーSはザティンマンが勝っています。

来年はぜひ日本馬の取材でまた…。

【木南 友輔】

[2017年6月22日16時42分更新]

第497回「ロイヤルアスコット開幕!クイーンアンはリブチェスター、セントジェームスパレスはバーニーロイ」

ロイヤルアスコット開催が開幕しました。一昨年はスピルバーグ、昨年はエイシンヒカリ、エイシンエルヴィンが日本から参戦。今年はいないのが、ちょっと残念です。

初日の最初のレースが古馬のマイルG1、クイーンアンS(G1、芝直線1600メートル)。3月のヴィブロスが勝ったドバイターフで3着だったリブチェスターが前走ロッキンジSに続くG1連勝です。鞍上はウィリアム・ビュイック。

3歳のマイルG1、セントジェームズパレスSは波乱の結果。人気を集めていた英愛2000ギニー覇者チャーチルは4着。勝ったのはエクセレブレーション産駒のバーニーロイでした。フランケルに負けまくったエクセレブレーション。種牡馬としてはフランケルより先に英国でG1を勝ったことになります。

昨年のアメリカ旋風、今年も。キングズスタンドS(G1、芝直線1000メートル)は昨年2歳の重賞で圧倒的な走りを見せたレディオーレリアが圧勝。この馬、メチャクチャ強いし、アスコットでの走りは異常です。

2日目はプリンスオブウェールズS(G1、芝2000メートル)。勝ったのはハイランドリール。直線の粘りがすごい。最後は突き放しての圧勝。前走コロネーションCに続くG1連勝です。ドバイシーマクラシックで復活の勝利を挙げた愛ダービー馬ジャックホブスはまさかの最下位8着でした。

【木南 友輔】

[2017年6月19日10時29分更新]

第496回「ベルモントSはタップリット!仏オークス、ガンランナー、今週は宝塚記念&ロイヤルアスコット」

また更新をさぼっていて時間が経ってしまいました。先週から函館に入っています。今週は宝塚記念の裏でひっそりと…、取材に励む予定です。宝塚記念の予想も頑張ります!

【木南 友輔】

[2017年6月3日18時15分更新]

第495回「英オークスはイネイブル!コロネーションカップはハイランドリール!ガリレオゴールドが引退」

更新をさぼりまくりの当欄ですが、ボチボチやっていきます。

昨日(2日)は英国で英オークス(G1、芝2400メートル、エプソム、出走9頭)がありました。

エプソム行きてー!

勝ったのは、フランキー・デットーリ騎乗のイネイブル(牝3、J・ゴスデン、父ナサニエル)。映像を見ると、雨が降っていたみたいで柔らかい馬場。3番手を進み、直線で後方から迫ってきたライアン・ムーア騎乗の1番人気ロードデンドロンを5馬身突き放す強い競馬でした。

イネイブルの勝ちタイムは2分34秒13。ナサニエル産駒が勝ったってのがすごいですね。サンタラリ賞を勝っていたシンコウエルメスの孫ソベツは残念ながら8着に敗れています。

英オークスの2レース前に行われたのが、古馬のコロネーションカップ(G1、芝2400メートル、エプソム、10頭立て)。

ハイランドリール(昨年のBCターフ、レース後)

こちらは、ライアン・ムーア騎乗のハイランドリール(牡5、A・オブライエン、父ガリレオ)が制しています。勝ちタイムは2分33秒34。

ドバイシーマクラシックは最下位7着に敗れていましたが、欧州に戻って見事な巻き返し。今後は連覇のかかるキングジョージが目標になりますが、ロイヤルアスコットを使っても大丈夫なくらいタフだとか。今年も凱旋門賞に出てくるのでしょうか

ハイランドリールの全弟アイダホは6着。昨年の英ダービー2着馬ユーエスアーミーレンジャーは最下位10着でした。

今週あった伝わってきた主なニュースは、昨年の英愛チャンピオンS覇者で凱旋門賞前売り1番人気アルマンゾールがヨークで夏に2戦する予定があるとのこと、昨年の英2000ギニー覇者ガリレオゴールドが引退したこと、など。

明日は安田記念。いい天気でできそうなのが何よりですし、その天気を味方にできそうな馬を狙ってみました。明日の日刊スポーツ、どうぞよろしくお願いします。

【木南 友輔】

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ