1. HOME
  2. 海外競馬
  3. キナミのつぶやき

海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
随時

[2019年4月6日19時16分更新]

第783回「ふと気付けば…、今夜は英国でグランドナショナル!いつの日か…、ドンカスターマイルは反省ばかりで」

ジョージーライダーの2、3着でいいのか…。来週のウィンクス、いよいよです。明日は桜花賞。当てたい!

【木南 友輔】

[2019年3月30日22時37分更新]

第782回「ふと気付けば、ドバイワールドカップナイトになってしまいました…、当たってください!お願いします!」

ターフとゴールデンシャヒーンを当欄で検討することなく、始まってしまいました…。無念。

今夜、そして、明日の大阪杯、予想が当たりますように…。

【木南 友輔】

[2019年3月28日18時35分更新]

第781回「今週はドバイワールドカップ週②~ドバイシーマC出走馬分析!レース2日前の現地は雨のようですが」

シーマクラシックは結局8頭立て。日本馬はレイデオロ、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン。みんなご存知の馬なので、外国馬を中心に…。やはり、ゴドルフィンのオールドペルシアンでしょうか。昨年はロイヤルアスコットのG2を勝って、愛ダービー6着。ヨークのG2グレートヴォルティジュールSで破ったクロスカウンターとキューガーデンズはG1馬になってます。英セントレジャー失速(内で粘っている青い帽子のゴドルフィン)からの前走ドバイシティオブゴールド、直線詰まって、最後に突き抜ける強い競馬でした。父ドバウィ、母の父シングスピールっていう、まさにダーレーって感じの血統馬です。

このドバイシティオブゴールドで2着のレーシングヒストリーが名前のごとく、なかなかのヒストリーがあって…。戦歴を見ると、15年、16年の英チャンピオンSを走っているっていう…。そんな馬いたっけ、でも、ここまで走らせていて、調子を上げてきているなら、実は一発あっても。15年はファッシネイティングロックの4着。白い帽子のゴドルフィン。2着ファウンド、3着がドバイシーマC覇者ジャックホブス。そこから1年ぶりの実戦だった16年は内の白い帽子のゴドルフィン。見せ場十分の6着でした。

今年のドバイはドリームキャッスルの2着、2着ときて、2走前は前の馬を捕まえきれずの2着。スミヨン騎乗でジワジワきます。

マジックワンドはみなさんご存知のクールモアの馬で、自分は昨年の英オークスで最初に見た馬です。ヴェルメイユ賞もオペラ賞も惜しかったし、ペガサスWCターフもあと少しでした。今回はライアン・ムーア騎乗。すんなり逃げちゃったら怖いです。

ハンティングホーンはキャメロット産駒ということで応援したいですが、さすがに厳しい相手。アスコットの重賞を勝ったときのように相手に恵まれないと…。

ドバイシティオブゴールド3着の英国馬デザートエンカウンターはカナディアンインターナショナルで破ったのがJCで来日したサンダリングブルー。昨年のドバイシーマCは惨敗。一昨年の勢いはなさそうです。

【木南 友輔】

[2019年3月27日12時59分更新]

第780回「今週はドバイワールドカップ週①~ドバイワールドカップ出走馬分析!うーん、面白いレースになりそう」

まずはドバイ開催の序盤。ノースアメリカはマクトゥームチャレンジ・ラウンド1とラウンド2を連勝。前走は最後詰められているように見えますが…。2着ニュートレイルズもワールドカップに出走します。地元の利がどれだけあるか。

続いて、マクトゥームチャレンジ・ラウンド3。始動戦のサンダースノーが失速し、キャッペッザーノが突き放す。外を追い込んできたのが韓国調教馬ドルコン。昨年のコリアC2着馬が頑張ってます。4着がニュートレイルズ、5着がグロンコウスキー。グロンコウスキーは昨年のベルモントSでジャスティファイに食らい付きましたが、その後は微妙です。

昨年のBCクラシック。2着ガンナヴェラ、3着サンダースノー、4着ヨシダ、9着アクセルロッド、10着パヴェル。芝、ダート兼用のヨシダのすごさと、ロアリングライオンの大敗が…。

ペガサスワールドカップ。雨で煙ってて、何がなんだがわかりませんが、勝ったのはBCダートマイル覇者のシティオブライト、3着に敗れたのがBCクラシック覇者アクセラレイト。内を伸びて2着になるのがシーキングザソウル、外を走って5着なのがオーディブル。6着がガンナヴェラです。

6歳馬シーキングザソウルの近走の安定感はいいと思います。

4歳馬オーディブルは昨年のケンタッキーダービーでジャスティファイの3着。力は持ってます。

【木南 友輔】

[2019年3月25日22時20分更新]

第779回「高松宮記念はガックリ…、今週は大阪杯!ドバイワールドカップウィーク!愛では平地シーズンが開幕」

土日は中京競馬場で取材。強烈な内有利の馬場状態でした。うーん、悔しい。今週の大阪杯、頑張りましょう。自分は今日、築地の会社から美浦へ移動しました。

さて、アイルランドでは平地シーズンが開幕。チェルトナムへ行ったとき、向こうのメディアからはアーモンドアイのことを聞かれたし、「あなたはドバイは行かないの?」って聞かれまして…、「両方は行けないんだよ」と答えると、「チョイスしたのね」と。

ジェームズ・ドイル騎手はドバイではなく、英国での騎乗を選んだようです。

ドバイレーシングからのリリースでは今日追い切っている馬もいるようで、ドバイワールドカップナイトが近づいてきました。

チェルトナムゴールドカップを勝ったアルバムフォトのマリンズ厩舎のツイッターは月曜にパレードをやる、と。英愛のジャンプ競走、こういうところ、素晴らしいです。

【木南 友輔】

海外競馬TOPに戻る

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ