海外競馬コラム「キナミのつぶやき」|極ウマ・プレミアム

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
更新
随時

[2017年10月17日18時26分更新]

第536回「先週豪で日本出身馬活躍!JC予備登録発表!週末は英チャンピオンズデー」

先週はオーストラリアでブレイブスマッシュ(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/news_article.zpl?topic_id=1&id=201710150000127&mode=gaisenmon&year=2017&month=10&day=15)とトーセンスターダム(http://p.nikkansports.com/goku-uma/guide/world/news_article.zpl?topic_id=1&id=201710150000128&mode=gaisenmon&year=2017&month=10&day=15)が好走しました。

念願のG1馬となったトーセンスターダム。日本で最後に走った東京新聞杯で◎を打ったし、3歳時は菊花賞で◎打ったなあ。あのときは内が全然止まらない馬場で、外からよく追い込んだのですが…。

今朝はアドマイヤデウス故障の報が…。国内で検疫を行っているときに取材へ行って、トラックライダーや厩務員さんと一緒に飲んで、ご飯食べて、いっぱい競馬の話をしたんです。無事に競馬する姿を本当に見たかった。

そのデウスが出る予定だったコーフィールドカップ。今日枠順が決まっていますが、出走馬のなかには、今日発表されたジャパンCの予備登録馬の名前もあります。ウィックロウブレーヴ、ボナヴァル、ジョンスノーの3頭。他にも何度も見た名前がいるし、日本で走ったロックドゥカンブ産駒ヒーズアワロッキーの名前も。注目してみたいレースですね。

ジャパンCの予備登録馬では気になるのが、ドイツ馬、それからカナディアンインターナショナルを勝ったブラーズアリーです。

おそらくエイダン・オブライエン厩舎の参戦は可能性が低いです。来てくれたら最高だし、先週のデューハーストSでユーエスネイビーフラッグが勝って、今年のG1・24勝目。英チャンピオンズデーがあるし、BC開催があるし、他にもオーストラリアがあって…、ジャパンC参戦なら間違いなく世界記録の更新を期待されるレースになると思います。

ウインクスも調教師が現地メディアに完全に後ろ向きなコメントを出しているのでほぼ可能性ゼロ(当然ですが…)。マリンズ厩舎の馬やニュージーランドの馬は今後のメルボルンのスプリングカーニバルでどんな競馬をするかですね。

ブラーズアリーは先週日曜、15日に行われたカナディアンインターナショナルを逃げ切り。2着以下を10馬身以上ぶっちぎっていて、2着がオスカーノミネイテッド。自分が凱旋門賞で○を打ったアイダホが1番人気4着ですから。鞍上は今年の夏のワールドオールスタージョッキーズを優勝したダシルヴァ騎手。もう、来てくれたら、面白い競馬をしてくれそうです。

今週末は英チャンピオンズデー。フランケル産駒クラックスマンのG1初制覇なるか。エクセレブレーション産駒バーニーロイ、そして、凱旋門賞で3着にきたユリシーズはここも使うのか。バリードイルはどの馬で勝負にくるのか。

菊花賞取材で栗東に来ているのですが、週の半ばから日本で海外でワクワク。今週末は眠れません。

【木南 友輔】

[2017年10月8日20時08分更新]

第535回「サンチャリオットSはローリーポーリー(マイルCS選出馬)!オブライエン師は今年G1・23勝目」

7日に英国、ニューマーケット競馬場(ローリーマイルコース)で行われた牝馬限定のサンチャリオットS(G1、芝1600メートル、出走13頭)はライアン・ムーア騎乗のローリーポーリー(牝3、A・オブライエン、父ウォーフロント)が勝ちました。勝ちタイムは1分34秒88。

ローリーポーリー。母はガリレオ産駒でG1・4勝のミスティーフォーミー(昨年のBC開催にて)

ローリーポーリーはファルマスS、ロートシルト賞に次ぐG1・3勝目。今年は他に愛1000ギニーとコロネーションSでウインターの2着。昨年はチェヴァリーパークSで2着の後、米国へ遠征し、BCジュベナイルフィリーズターフ(9着)を走っています。

エイダン・オブライエン師は今年のG1・23勝目。米国のボビー・フランケルが03年に記録した年間G1・25勝にあと2まで迫っています。ローリーポーリーは米国のブリーダーズカップに遠征する可能性が高いようで、今年のBC開催は11月3、4日の2日間。そうなると、11月19日のマイルCSは…、日程的には厳しいですよね。

エリザベス女王杯、マイルCSともに選出されているハイドレンジア(昨年のBC開催にて)

エリザベス女王杯とマイルCSで5頭ずつ選出されているエイダン・オブライエン厩舎(http://www.jra.go.jp/news/201710/100504.html)。このクラスの馬が日本に馬が来てくれると、メチャメチャ楽しみですが…。

欧州では再来週に英チャンピオンズデーが控えています。日本も来週から秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋と続いていきます。明日は京都大賞典。当てたいなあ。頑張ります。

【木南 友輔】

[2017年10月7日21時40分更新]

第534回「オーストラリアの名牝ウインクスがターンブルSでV21!次走はコックスプレート3連覇挑戦へ」

今日は東京競馬場で取材。朝、自宅から競馬場に向かうときはちょっとパラッと小雨だったんですが、競馬が始まってからメインの頃にはいいお天気でパドックを周回する馬も発汗が目立つ馬が増えてきた感じ。

サウジアラビアロイヤルCは狙った◎カーボナード、頑張ってくれましたが、3着。レコードの決着で上位馬はレベルが高かったのでしょうか。今後に注目したいですね。

昼はネットでオーストラリアの結果も気になって気になって…。

フレミントン競馬場(メルボルン)のターンブルS(G1、芝2000メートル、出走7頭)はウインクス(牝6、C・ウォーラー、父ストリートクライ)が快勝。ヒュー・ボウマン騎手騎乗で勝ちタイムは2分2秒07。2着ヴェンチュラストームに6馬身半差でした。

ヴェンチュラストームはオーストラリア移籍後は活躍できていませんが、昨年の英セントレジャー2着、イタリアのG1ジョッキークラブ大賞覇者です。

映像で見て、フレミントン競馬場の盛り上がりはすごいですね。次走はいよいよコックスプレート。このウインクスの走りを初めて目にしたのは、一昨年のコックスプレートでした(http://guw.nikkansports.com/?p=919&type=free)。

だって、2年前、当欄の回数、第34回ですよ…。ここまで負けずにくるなんて…。

昨夜、あいさつする高木記者に惜しみない拍手を送る栗田記者

【木南 友輔】

[2017年10月6日21時22分更新]

第533回「凱旋門賞10着のサンクルー大賞覇者ザラック(父ドバウィ、母ザルカヴァ)が引退、種牡馬入り」

超良血馬ザラックが引退。スミヨン騎乗の凱旋門賞は不発でしたが、今年はしっかりG1タイトルを獲って、種牡馬になります。アガカーンスタッドが発表しています。

今日はこれから歓送迎会の栗田記者(写真は今年1月)

明日から東京、京都開催がスタート。頑張ります。

【木南 友輔】

[2017年10月5日19時25分更新]

第532回「9月ではなく、10月!週末はウインクスが出走!来週ジエベレストのBスマッシュ鞍上が決定!」

昨日は記者仲間で夜は食事をして、美浦トレセンのマスコミ用宿舎の自室に帰ってから、当欄を更新したんですが…、

サトノクラウン(今週の美浦にて)

イスラボニータ(今週の美浦にて)

秋華賞に挑むリカビトス(今週の美浦にて)

アエロリット(今週の美浦にて)

毎日王冠に出走するソウルスターリング。後方は藤沢和師

情けないもので、朝になって読んでみたら、タイトルに「9月」の文字。「オクトーバー・イヤリングセール=10月1歳セリ」です。セプテンバー、オクトーバー、ノベンバー、デッセンバー。恥ずかしい…。

ブック1は3日間で今日が最終日。初日は日本人オーナーがオアシスドリーム産駒を落札していますし、他にも日本に来そうな馬たちが数頭。フランケル産駒(祖母サイエダッディの牡馬)、フランケル産駒の牝馬、イクシードアンドエクセル産駒、ウォーフロント産駒など。3日目はドバウィ、母デインドリームも出てきますね。

昨日はソウルスターリングの追い切りがあって、秋華賞の1週前もありました。トレセン内をG1ゼッケン、G1の登録ゼッケンをつけた馬たちがたくさん歩いています。今週は予想、頑張りたいなあ。

海外は土曜、フレミントン競馬場のターンブルS(G1、芝2000メートル)にウインクスが登場します。7頭立てで相手にはヴェンチュラストーム、サーアイザックニュートンなど昨秋に欧州から移籍した馬たち。

個人的にはウインクス、一昨年の圧倒的だったコックスプレート、昨年の衝撃的なコックスプレートを見て、左回りの方がパフォーマンスが上がると思っているのですが、どんな競馬を見せてくれるのか。

シドニーのレーシングNSWは来週14日に行われる高額賞金レース、ジエベレストの鞍上が決まったと発表しています。

日本からオーストラリアへ移籍したブレイブスマッシュの鞍上はジェイミー・スペンサー。12頭立て。父トーセンファントム、母の父トウカイテイオー。自分は競馬を見始めてしばらくして出てきたトウカイテイオーが大好きだったので、もし、海外でテイオーの血がG1を勝つってことになったら、すごくうれしいです。

【木南 友輔】

海外競馬TOPに戻る

「キナミのつぶやき」過去の記事

一覧へ